「コマンダー・ベンメル」の版間の差分

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
47行目: 47行目:
 
;[[スーパーロボット大戦DD]]
 
;[[スーパーロボット大戦DD]]
 
:序章ワールド5から登場するエネミーユニット。音声付きでの登場は『第2次α』以来16年ぶりで、担当声優の加藤氏が亡くなっているため、初のライブラリ参戦となる。
 
:序章ワールド5から登場するエネミーユニット。音声付きでの登場は『第2次α』以来16年ぶりで、担当声優の加藤氏が亡くなっているため、初のライブラリ参戦となる。
:今作ではダイターン勢の中で一番最初に登場する。今回も自軍の機体をコレクションしようと付け狙ってくるが、[[スレイプニール]]だけは琴線に触れなかったのか不要と言い切る珍しい姿を見せる。
+
:今作ではダイターン勢の中で一番最初に登場する。今回も自軍の機体をコレクションしようと付け狙ってくるが、[[スレイプニール]]だけは琴線に触れなかったのか不要と言い切る珍しい姿を見せる。ただし戦闘台詞は通常通りなので(本作は[[特殊戦闘台詞]]未導入)コレクションに加えようとする。
  
 
== パイロットステータス ==
 
== パイロットステータス ==
83行目: 83行目:
 
:『[[スーパーロボット大戦DD|DD]]』では彼の愛機スレイプニールを不要と言い切ったため釈然としない表情を浮かべられる。
 
:『[[スーパーロボット大戦DD|DD]]』では彼の愛機スレイプニールを不要と言い切ったため釈然としない表情を浮かべられる。
 
;[[トリルラン]]
 
;[[トリルラン]]
:『DD』ではメガノイドがヴァース帝国と協力関係にあるため、共闘することも。
+
:『DD』ではメガノイドがヴァース帝国と協力関係にあるため、共闘することも。ただし万丈からは連携できていないと呆れられる。
 
<!-- == 名台詞 == -->
 
<!-- == 名台詞 == -->
  

2020年7月1日 (水) 20:03時点における最新版

コマンダー・ベンメル
外国語表記 Commander Benmeru
登場作品 無敵鋼人ダイターン3
声優 加藤精三
デザイン 塩山紀生
初登場SRW スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(メガノイド
性別
所属 メガノイド
役職 コマンダー
メガボーグ形態 メガボーグ・ベンメル
趣味 ミニチュアコレクション
テンプレートを表示

コマンダー・ベンメルは『無敵鋼人ダイターン3』の登場人物。

概要[編集]

原作第3話「裏切りのコレクター」に登場したコマンダー

海賊の船長のような格好をしており、帆船型のデスバトルを使用している。

美しいメカ、最新メカに目が無く、世界中の最新鋭メカを捕獲し、乗客をメガノイドに改造する一方で、メカはミニチュアにして自分のコレクションしていた。更にはダイターン3をも捕獲してミニチュア化しようとした。

ミニチュアコレクションはドン・ザウサーの命令外で、ベンメルの趣味による独断だったらしい。

登場作品と役柄[編集]

主にベンメルコレクションとして、他作品の機動兵器を駆り出して来る。

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
中盤のメガノイド復活時に初登場。今回はノヴィス・ノアに心惹かれてサンドレイクと共に買い取ろうと図り、またベンメルコレクションとしてクィン・マンサを出してくるが、ジュドーの怒りを買ってしまう。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2
初登場。3部作全てに登場する。コレクションにフル改造された初代ガンダムと同じくフル改造されたシャアザクを用意している。他にズサトラシッド等を戦力に使用している。
スーパーロボット大戦IMPACT
担当声優の加藤精三氏はスパロボ初参加となる。今回のコレクションはG-3ガンダムシャア専用ザク。駆け付けた飛影に魅了された際のリアクションはDVEで収録されている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
様々なものをコレクションしており、また狙ってくる。
2019年2月のイベント「友情と絆のメダロット」ではメダロットを狙っており、自身もロボトル(ロボットバトル)を仕掛けてくるなど、ホビーアニメの悪役的ムーブを行なっていた。
スーパーロボット大戦DD
序章ワールド5から登場するエネミーユニット。音声付きでの登場は『第2次α』以来16年ぶりで、担当声優の加藤氏が亡くなっているため、初のライブラリ参戦となる。
今作ではダイターン勢の中で一番最初に登場する。今回も自軍の機体をコレクションしようと付け狙ってくるが、スレイプニールだけは琴線に触れなかったのか不要と言い切る珍しい姿を見せる。ただし戦闘台詞は通常通りなので(本作は特殊戦闘台詞未導入)コレクションに加えようとする。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

第2次α
幸運根性必中不屈直撃

特殊技能[編集]

第2次α
底力L8、援護攻撃L2、闘争心切り払いL4
IMPACT
底力L9

小隊長能力[編集]

ダメージ-20%
第2次α』で採用。

人間関係[編集]

ガスマン
部下のソルジャー。通常のソルジャーと違って人間的な顔を持つ。SRW未登場。
ベンメルの趣味にほとほと愛想が尽きており、ダイタンクに追い詰められたベンメルを倒してドンに取り入ろうとしたが、逆にメガボーグ化したベンメルに粛清された。
ドン・ザウサー
上司。
破嵐万丈
宿敵。

他作品との人間関係[編集]

飛影
IMPACT』では「ジャパニーズ・ニンジャ・ロボット」と呼び、コレクションに加えようとした。
ダミアン
そんなベンメルに怒りを感じ、飛影に「やっちまえ!」とけし掛ける。
ベラ・ロナ
第2次α』ではマザー・バンガードを気に入り、自分の姿に似合う海賊船としてコレクション入りさせようとするが彼女に拒絶される。
界塚伊奈帆
DD』では彼の愛機スレイプニールを不要と言い切ったため釈然としない表情を浮かべられる。
トリルラン
『DD』ではメガノイドがヴァース帝国と協力関係にあるため、共闘することも。ただし万丈からは連携できていないと呆れられる。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「こ、これは…!何という!まさに柔と剛が、侘び寂びが合わさった完璧なオリエンタルマジック!」
「ジャパニーズ・ニンジャ・ロボット!何としてもわしのコレクションに!!!」
IMPACT』で飛影を目の当たりにした時の反応でDVE。3つの感嘆符がベンメルの興奮振りを如実に物語っている。演じる加藤氏のハイテンションな演技も必聴。
「ヒャーハハハハ!たっぷり改造してあるぞ!一年戦争時代のレアものの強さ、味わえい!」
G-3ガンダムシャア専用ザクを召喚した際の台詞。その言葉通り、15段階フル改造された「レアもの」がガンドール隊に牙をむく。
「ほっほっほ、それならば、もっと若い娘っ子の方がいいわい」
自らをベンメルコレクションに加える事を推奨するエクセレンへ、返す刀で発した台詞。この発言にムカついたエクセレンは、2歳サバを読んで反論するが…。
「うおおぉぉ…、わしの、わしのコレクションたちぃぃぃっ…」
『IMPACT』での断末魔。マリアから「なんか憎めない奴だった」と評された事がせめてもの救いか。
「こうなれば、ロボトルで勝負じゃ!」
『X-Ω』のイベント「友情と絆のメダロット」にてイッキやレトルト達に追い詰められた際に。いかにもなホビーアニメの悪役のセリフがベンメルのキャラクターに非常に良く似合う。
「あのメダロットは美しい。下手に外にだして傷をつけないよう、別の所で保管しておるわ!」
快盗レトルトロクショウのパーツをどこにやったのかと聞かれて。
何気に悪質なコレクターが美しいメダロットを盗み、取り返すためにロボトルするという、アニメ版メダロット8話を下敷きにしたクロスオーバーだったりする。

搭乗機体・関連機体[編集]

メガボーグ・ベンメル
ベンメルのメガボーグ形態。
ベンメルコレクション
ベンメルがコレクションしてる機体たち。詳細は該当記事参照。