2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ゲッター1

提供: スーパーロボット大戦Wiki
2018年5月21日 (月) 02:16時点におけるあきちゃん (トーク | 投稿記録)による版 (商品情報追加、「原作を考えると無理とか言ってはいけない」がよく分からないので削除など)
移動先: 案内検索
ゲッター1
外国語表記 Getter 1
登場作品

ゲッターロボシリーズ

分類 空中作業用ゲッターロボ
機種 ゲッターロボ
全高 38 m
重量 220 t
動力 ゲッター炉心
エネルギー ゲッター線
出力 75万馬力
最高飛行速度 マッハ2
装甲材質 ゲッター合金
別形態 ゲッター2
ゲッター3
開発者 早乙女博士
所属 早乙女研究所
乗員人数 3名
主なパイロット
【メイン】
流竜馬
【サブ】
神隼人
巴武蔵
テンプレートを表示

ここでは『ゲッターロボ』に登場したゲッター1について説明する。
新ゲッターロボ』の主役機は「ゲッター1 (新)」を参照。

概要

機体概要

ゲッターロボ空中戦用形態で、背面に内蔵したゲッターウィング[1]を展開して飛行する。

上から順に、イーグル号ジャガー号ベアー号の組み合わせの時にこの形態になる。 メインパイロットは流竜馬

構成機体

イーグル号
上半身を構成。流竜馬が搭乗。
ジャガー号
腹部を構成。神隼人が搭乗。
ベアー号
下半身を構成。巴武蔵が搭乗。

各媒体ごとの様相

TV版
3形態の中で能力的に最もバランスが取れており、空中のみならず宇宙空間での作戦行動も受け持つなど出番も多いが、それに比例して破損率が非常に高く、特にTV版第30話のメカザウルス・ダグ戦では頭部を吹き飛ばされる程の大ダメージを受け、一敗地に塗れている。
当初は、リアルロボット系に多く見られるモニター視認型の操縦システムだったが、前述のダグ戦では妨害電波により映像が遮断されてしまうという最大の弱点を露呈。以降、それまで胸部に位置していたコックピットブロックが、合体後はゲッター線強化ガラス製のキャノピーを備えた頭部に移動する、有視界操縦システムへと改善された(この操縦方式は、後継機であるゲッターロボGにも踏襲される)。
原作漫画版
TV版との最大の相違点は、頭部のキャノピーの数と、布のように風に棚引くゲッターウィングの表現。開発コンセプトも、当初から恐竜帝国の侵攻に対抗する「戦闘用」として明確に位置付けられている。
TV版と同じく空中戦に特化した形態だが、竜馬曰く「炎の中での戦闘も行い易い」との事。主役機という事もあり出番が多く、メカザウルス撃墜数も最多を誇るが、破損率が非常に高いのもTV版と共通している。
真ゲッターロボ 世界最後の日
序盤に流竜馬(OVA版)が乗り、量産型ゲッタードラゴンの大群を迎え撃った。第8話「死闘!! 血に染まる氷原」からは竜馬が改修したブラックゲッターが登場し、ダブルゲッターが実現。
真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ
第1話冒頭の恐竜帝国との戦いで武蔵が乗った。最後には自爆してしまう。
新ゲッターロボ
第1話にて早乙女達人が乗り、と戦った。パイロットが違うものの、竜馬・隼人・武蔵が登場する映像作品すべてに唯一出演したゲッターロボである(武蔵坊弁慶を「武蔵」にカウントするならの話ではあるが)。

登場作品と操縦者

ゲッターGが登場するまでのゲッターチームの機体という扱いで、設定に準じて空中戦でその真価を発揮するが、バランスに優れた機体の為、地上で戦うことも多い(近年の作品では地上適正が低い)。ゲッタートマホークとゲッタービームを主に使い高威力を誇るゲーム序盤の主力であるが、射程は短く、スーパー系としては打たれ弱いという難点を持つ。なお打たれ弱いのは後継機でも変わらないため装甲の改造は必須。旧シリーズの頃は原作からオミットされた戦法が多く、性能に反映されなかっため、多用されたはずのゲッターキックやトマホークによる切り払いは採用されなかった。

作品によってはゲッターG登場以降、一人乗りのゲッター1を運用できるものもある。ゲッターGへの交替はほぼ必須で、最後までこの形態で自軍に残るのはDを除けば一人乗り用に残された場合のみである。一人乗りの場合は誰が乗ることになってもゲッター1であり、変形はオミットされる。唯一の例外は『D』のプロローグ。ここでは隼人武蔵がそれぞれゲッター2とゲッター3に一人乗りする。

旧シリーズ

第2次スーパーロボット大戦
第1話より使用可能だがゲッターG乗り換えと共に棄てられる。
第2次スーパーロボット大戦G
3人乗りであることに起因する精神コマンド使い放題バグにより序盤から最強ユニットと化す。 それを抜きにしてもゲッタービームが消費EN10と異様に低く、マジンガーZの立つ瀬がない。
第3次スーパーロボット大戦
プロトゲッターロボから乗り換える。空中戦はもちろん、宇宙でも活躍できるため最も使用頻度が高い。今作では後継機に改造が引き継がれないが、Gへの乗り継ぎは終盤になってからなので、HP・装甲の改造は惜しまない方がいい。SFC版では何故か敵ユニットから集中攻撃を受ける。
第4次スーパーロボット大戦S
最初期から登場。それほど打たれ強くはないが、ゲッタービームの燃費の良さと威力で序盤からボスキラーとして活躍できる。案の定ゲッターGが帰ってきてまた棄てられるが今回はなんと…。なお、ゲッターレザーは改造しても最終的に無駄になる。
スーパーロボット大戦F
リアル系でもスーパー系でも1話で仲間になり、防御力はともかくボスキラーとして活躍する。

αシリーズ

スーパーロボット大戦α
今回は序盤から中盤にかけて3人乗り。終盤は武蔵が1人で乗る。3人乗りの時は分離が可能で、合体を選んだユニットの位置で合体するため、移動において他よりも有利。一人乗りになると、その分離変形も出来なくなる。序盤や強制出撃するマップでは貴重な戦力になるが、終盤はレギュラーを張れるほどの力は無い。また今作からミサイルマシンガンが追加された。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
PS版と基本同じだが、マジンガーZとの合体攻撃追加でさらに強力になっている。また敵の攻撃を回避した際に、演出のみだがオープンゲットでの回避を披露している。
スーパーロボット大戦α外伝
今回も武蔵が1人で乗る。現代編では使用できるマップが限られており、未来編でも参入が遅いために強制出撃以外はあまり使われない。機体性能はパーツスロット4の機体らしく低く、武器性能は地形適応が優秀で、ゲッタービームの射程が1-3だが、フル改造してもゲッタードラゴンのゲッタービームほど強くはならないため、少々物足りない。尚、これ以降のαシリーズでは、なんと隼人の父親の会社、神重工業によってブラックゲッターに改造されたことになっている。

Zシリーズ

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
『D』以来の『世界最後の日』版。久しぶりに竜馬・隼人・武蔵の元祖ゲッターチームが搭乗する。原作ではスクラップ寸前の旧型機という扱いだったが、本作ではゲッターGが開発される前の時間軸なので現役機である。
性能は前作『Z』のTV版ゲッタードラゴンと大差ない[2]うえ、シャインスパーク抜きならドラゴンよりも攻撃力は上。竜馬のエースボーナス込みだと最終的に今作のゲッター1のゲッタービーム>前作のドラゴンのシャインスパークという性能に至る。しかもLサイズなおかげでサイズ補正が有利に働きやすい。また、ゲッターチェンジアタックは追加武装。
かなり長期間にわたって使用するため改造必須だが、改造段階は真ゲッター1に引き継がれ、つぎ込んだ資金が無駄にならないので安心して良い。恐らく歴代でもっとも優遇された旧ゲッターかもしれない。

COMPACTシリーズ

スーパーロボット大戦COMPACT
シーン2「大激突」にて自軍参戦。ゲッタービームの燃費EN45と高めなのが欠点。EN改造は必須。序盤では稀少な宇宙Aスーパー系。
スーパーロボット大戦COMPACT for WSC
オリジナル同様。序盤の貴重な宇宙Aのスーパー系。
スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
ゲッタービームにカットインがついた。最大射程が3しかなく、無改造状態では必殺のゲッタービームは2発しか撃てない。耐久力もMS並。ボス戦を担う。
スーパーロボット大戦IMPACT
第1部中盤でゲッターGに乗り換えられるため棄てられる。その後条件を満たせば第3部でアインストにゲッター線が反応し真ゲッターロボとなる。

携帯機シリーズ

スーパーロボット大戦A
初のオープンゲット回避能力を得る。これにより結構避けるようになる。が、それでも回避率が高い方とは言えないので、あくまで保険と考え、避けて当てる戦いをしたい時には素直にゲッター2に譲ろう。ゲッターG登場後は一人乗りに改装され、オープンゲットと引き換えに援護向きのミサイルマシンガンが装備される。なお、この作品のみゲッター1の改造はゲッターGではなく一人乗り用ゲッター1に引き継がれる点に注意。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
大筋ではAと同じだが、ゲッター1の改造がゲッターGに引き継がれるようになったため、安心して序盤から改造していける。逆に言うなら1人用になるとこの機体は最初から改造しなおしとなる。
スーパーロボット大戦D
『世界最後の日』版が初登場。スパイラルゲッタービームが実装された。プロローグにて竜馬が一人で乗り、その後、リガ・ミリティアルートで早乙女研究所から回収された機体(旧式ゆえか3段階改造済み)が弁慶機となる。中盤以降は三人乗りでゲッターチーム単位で乗り換え可能。同じく三人乗りのブラックゲッターと合体攻撃がある。
本作のゲッターは、一人乗りでもオープンゲット能力があるので、生存確率は高い。しかし、一人乗りであろうと武器の地上への適応が低いのが欠点。正直、真ゲッターを封印してまで使うかは微妙なところだが、真ドラゴンが来るまでの繋ぎとしてならば、ブラックゲッターよりは変形が出来るこちらの方が(どちらのチームが乗るにしても)三人それぞれの長所を生かしやすい。

Scramble Commanderシリーズ

スーパーロボット大戦Scramble Commander
格闘・射撃どちらも使いやすい武器が揃っており、性能のバランスが良く、必殺技もクセが少ない。最初から最後まで使える良ユニット。後半でゲッタードラゴンに乗り換える。

単独作品

スーパーロボット大戦
ゲッターチームを選択した場合に自軍ユニットとして登場する。それ以外は敵ユニットとして登場する。
強化パーツの効果がゲッター2やゲッター3にも及ぶため、実質的に1機分で3機分のパワーアップが図れるのは大きい。
スーパーロボット大戦64
マジンガーZとの合体攻撃ツインビームが初登場。
スーパーロボット大戦X-Ω
サービス開始初期から実装。東映版の設定としては久々の登場。
UCにアタッカー、SRにシューター・ファイター、SSRに基本3タイプがそれぞれ実装。
SSRアタッカー版は、地形「陸」でのみ性能が向上するアビリティ「空中戦闘」と、2コアで6マスを攻撃できる必殺スキル「ゲッタービーム」が特徴。
道中での雑魚散らしに便利な必殺スキルやバランスの良い精神、飛行持ちという強みから初期は強力なSSRの筆頭として高評価を受けた。後に成長タイプが「大器」に変更されたため基礎パラメータが大幅にアップ。昨今の大器SSRには劣るが、普段使いには十分な性能。
SSRディフェンダー版はアタッカー版の必殺スキルとタイプが変更されたのみ。
必殺スキルは、スパロボシリーズ初登場となる「ゲッターキック」。もう一つの必殺スキル「ゲッタービーム(広範囲)」は消費コア数は増えたものの、3×3マスを攻撃できる。
SSRシューター版はアビリティはアタッカー・ディフェンダー版と同じだが移動速度のみダウン。
ただし必殺スキル「ミサイルマシンガン」は1発の威力こそ低いが12連射がフルヒットするとバグじみた威力(当時の高威力な必殺スキルの約3倍)を弾き出す。
これが運営の想定外だったのか、15年10月の初実装から今まで一度も復刻されておらず、スパクロ屈指のレアユニットと化している。

関連作品

シャッフルファイト
辺境の小国アイザックの反乱軍メンバーとして第1章から登場するが、戦闘時に振れるダイスの数が2個であるため中盤以降はゲッタードラゴンと交代する形で2軍枠に追い遣られがち。ザクバラン帝国の無法にキレ気味の台詞を多く発するなど、原作漫画版の竜馬を思わせる血気盛んなキャラとして描かれている。
バトルコマンダー 八武衆、修羅の兵法
魔神族の指揮官の1人として登場。武衆はナイト。
リアルロボットレジメント
使用ロボットの一体として登場、今回は他の形態に変形できない。中盤にゲッタードラゴンに乗り換え。
必殺技はゲッタービームではなくミサイルマシンガンを使用する。遠近バランスよく武装が揃っているが、ゲッタービームは硬直が長いので乱戦で使用するのは控えたい。また、緊急回避行動でオープンゲットをすることができる。
奪われたゲッタードラゴンと戦闘するCGムービーが用意されてるのだが、『世界最後の日』の真ゲッター1vsドラゴンの再現となっている。

装備・機能

武装・必殺武器

ゲッターパンチ
OPでも歌われているパンチ。第2次スーパーロボット大戦Gで一番弱い武装として実装されている。
ゲッターキック
劇中で多用されていた飛び蹴り。スパロボでは長らく再現されていなかったが、遂に『X-Ω』で必殺技として実装された。

武装

ゲッターレザー
腕に付いているカミソリ状の刃で切り裂く。
近年の作品ではオミットされることが多い。原作では使用されたこともほぼ無く、旧シリーズでリョウが武器名を叫ばない唯一の武器となっている。多用されていたゲッターキックを差し置いてこちらが採用された経緯は謎だが、旧シリーズではユニットの立ち絵が動かないため採用された可能性がある。
ゲッタービーム
腹部からゲッター線を3万度の超高熱に変換して照射する破壊光線。スパロボでは必殺技のイメージが強いがアニメでは第1話からばっちり対策されていたため、恐竜帝国サキに防がれる。それ以降も防がれたり致命傷にならない事が多いがトドメになったこともある。おおむね「他の形態・武装でゲッター線防御装置を破壊」→「ゲッタービームで止め」の流れであり、後のスーパーロボットの必殺技の源流ともいえる様式美がこの時点で出来上がっていたといえる。OVA版では防がれることは少ないまさに必殺武器。
α以前の旧シリーズはフルアニメーションではない為、指先から照射しているように見え、初期のアンソロジーコミックではこの錯覚を鵜呑みにして描く漫画家もいた。ゲームでは気力が要らず便利だが、燃費が悪い。一見射撃兵器に見えるがスパロボでは格闘扱いで大抵の作品で射程1。一部の古い作品ではビーム属性がついていることもある。
ゲッタートマホーク
肩に収納されている小振りの斧で、厚さ4mの鉄板を容易に斬り裂く。
SRWで出来あがったイメージと違ってアニメではゲッタービームが防がれることが多かったので止めに使われることが多々あった。第2次Zではなにげに全ゲッター唯一の射程1武器である。

オプション装備

ミサイルマシンガン
原作漫画版(正確にはアンソロジーコミック)に登場した、敷島博士自慢の一品で、文字通りミサイルのマシンガン。威力は高く、メカザウルスの集団を瞬く間に殲滅するほど。その後放棄されたのか、作中には登場しない。登場したのは平成以降なのでTVシリーズには存在しない。
αで初登場した。ゲッター1の武装の中で最も射程が長く、反撃で手数を出す時に重宝する。使う際に背中から取り出している。基本的にSRWではゲッターチームが乗り換えした後に追加される武装。
大型ミサイル
真ゲッターロボ (原作漫画版)』で隕石迎撃時に装備した大型のミサイル。ランチャーなどは使わずに直接脇に抱えて発射した。SRW未登場。
ゲッターマシンガン
OVAで使用した二挺のマシンガン。上とは違って普通のマシンガン。普段は腕部に収納されており、使用時には瞬時に展開する(コックピットにも専用のピストル型のトリガーが展開する)。登場時にゲッタードラゴン軍団を完膚なきまでにズタズタに破壊した。

トマホークブーメラン
ゲッタートマホークを投げ付けて攻撃する技で、有効射程距離は7km。
大抵の作品では移動後に使える有射程武器として重宝する。また機体の地形適応が陸Bなので、陸の敵を攻撃する時はトマホークよりこちらの方がダメージが大きい場合がある。
スパイラルゲッタービーム
広げたマントの隙間からゲッタービームを拡散して放つ。ゲッターウイングがマント状の原作漫画版を基にした「世界最後の日」版のみが使える。
SRWではゲッタービームより威力は劣るが射程が長く便利な武装。
ゲッターチェンジアタック
各ゲッターの形態による連続攻撃。
IMPACTより実装。IMPACTやDではEN制だが、第2次Zでは弾数制(しかも1発)。おまけにIMPACTでは移動後使用不可だった。なお、第2次Zでは他の形態のチェンジアタックと弾数が共有ではないので、他の形態でも遠慮なくチェンジアタックを使おう。

合体攻撃

ゲッター系

ツインゲッタートマホーク
ゲッタードラゴンゲッターQブラックゲッターとの合体攻撃。
ツインゲッタービーム
ゲッタードラゴンゲッターQブラックゲッターとの合体攻撃。
トリプルゲッタービーム
ゲッタードラゴンゲッターQとの三機での合体攻撃。A PORTABLE では何故かドラゴンが一人乗りになると使用不能になる。
ゲッタービーム(3機連結)
「世界最後の日」の前日談の漫画「クレーターバトル」にて披露した一人乗りのゲッター1・ゲッター2・ゲッター3それぞれの炉心を連結して放ったゲッタービーム。武器としては再現されていないが、第2次Z 破界篇にてイベントで使用。インベーダーの群れを一掃した。

ダイナミック系

ツインビーム
マジンガーZの光子力ビーム(攻撃力の基にするのはブレストファイヤー)とゲッタービームの合体攻撃。実装されている作品は少ない。

特殊能力

剣装備
切り払いを発動。シリーズによっては不可。原作での切り払い頻度はそこそこといったところか。
変形
ゲッター2ゲッター3へと変形する。
分離
オープンゲットイーグル号ジャガー号ベアー号に分離する。特殊能力としての採用は一部のみ。
オープンゲット
分離して相手の攻撃を回避し、即座に再合体する。気力120以上で発動。
EN回復
Dで装備。

移動タイプ

宇宙
ゲッターウイングにより飛行可能。
陸Bであることが多いが、TV版ではちゃんと地上戦もこなす。『世界最後の日』に至っては地上戦しかないのだが…。

サイズ

M
大半の作品ではこちら。
L
第2次Z。

カスタムボーナス

ビームバリアジェネレーター……ビーム攻撃を反射する
第2次G
攻撃後に変形可能
A PORTABLE。3人乗り時。
機体と武器の地形適応を全てAにする
A PORTABLE。1人乗り時。
移動後に変形可能
破界篇

機体BGM

「ゲッターロボ」
TVOPテーマ。「ガン!ガン!ガン!」というフレーズはアニメソング初のテンポアップのフレーズとして有名。一部作品のカラオケモードではこのフレーズと攻撃ヒットの連続爆発がシンクロする演出がある。
「HEATS」
OVA「世界最後の日」第2期OPテーマ。…が、第2期にゲッター1はその姿を見せていない。第2次Zでは「今がその時だ」が(戦闘BGMではないが)追加されているので変更してもいいかもしれない(…が、直後に真ゲッターに乗り換えてしまう)。ちなみに第2期にはゲッター1は登場しないがOPには必ず最初に登場しているのでファンの間ではそちらのイメージが強いかもしれない。

対決・名場面

ゲッターロボG(原作漫画版)
恐竜帝国の残党に奪われたゲッターロボGに対抗して、リョウ達はゲッターロボで立ち向かう。ゲッターGは旧ゲッターの10倍のパワーがあり、ゲッターロボの攻撃は通用せず。しかし、合体所要時間のロスを看破したリョウとハヤトの策により、ゲッターGよりも素早くゲッター1にチェンジして、ゲッターGの合体を阻止して勝利。リョウは「悪いな、俺たちは目を瞑っても合体できるんだ」と呟く。恐竜帝国の残党の駆るゲッターGの合体所要時間はゲッター3初搭乗のベンケイより遅く、致命的なミスであったと同時に、パイロットの技量差を見せ付けた戦いでもあった。

関連機体

プロトゲッター1
ブラックゲッター
ゲッタードラゴン
真ゲッター1

余談

  • SRWでは最後まで使用できる作品は少なく、使えても真ゲッター1などに性能差をつけられている事が多い。が、PSソフト『ゲッターロボ大決戦!』では追加武装「ゲッターマシンガン」がSRWで言う所の地点指定型MAP兵器であり、射程・燃費・威力のバランスの取れた優秀な武器となっている。このため充分最後まで一軍で活躍できる性能となっている。
  • 最初期の設定ではゲッタービームの砲口の上に装甲を被されており、発射の際に上に上がるものだった。また、ゲッターウィングが剣に変形する物もあったが、こちらはグレートマジンガーと被るためトマホークに変更されている。

脚注

  1. 媒体によって「ゲッターマント」「反重力ウィング」「フライウィングス」「反重力マント」とも呼称される。
  2. HPと照準が少し低い・ENが少し高い。

商品情報

  • TV版

  • OVA版