「クーロンガンダム」の版間の差分

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
46行目: 46行目:
 
:;[[新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク]]
 
:;[[新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク]]
 
::フリーバトルに登場。
 
::フリーバトルに登場。
::またおまけマップにて、味方ユニットとして出撃させることができる。本マップのボスは東方不敗の[[マスターガンダム]]だが、この機体を出撃させるとボスが[[ル・カイン]]の[[ザカール]]に変化する。
+
::またおまけマップにて、味方ユニットとして出撃させることができる。本マップのボスは東方不敗の[[マスターガンダム]]だが、この機体を出撃させるとボスが[[ル・カイン]]の[[ザカール]]に変化する。性能的には[[シャイニングガンダム]]と同程度な上に強力な武器が無く、何より[[宇宙]]MAPなのに'''適応C'''という落とし穴があるので辛い。
  
 
== 装備・機能 ==
 
== 装備・機能 ==
60行目: 60行目:
 
==== 必殺技 ====
 
==== 必殺技 ====
 
;剣覇千王気炎弾(けんはせんおうきえんだん)
 
;剣覇千王気炎弾(けんはせんおうきえんだん)
:パンチを連打する技。新ではクーロンクロスと同様のアニメーションだった。原作未登場の設定のみ存在する技。
+
:パンチを連打する技。新ではクーロンストライクと同様のアニメーションだった。原作未登場の設定のみ存在する技。
 
;王家・策命穏霊拳(おうけ・さくめいいんれいけん)
 
;王家・策命穏霊拳(おうけ・さくめいいんれいけん)
:『[[新スーパーロボット大戦|新]]』では気弾を連射する技。王家・索命陰霊拳の誤植では無いかと思われる。
+
:『[[新スーパーロボット大戦|新]]』では気弾を連射する技。射程3・非P属性なので使いにくい。王家・索命陰霊拳の誤植では無いかと思われる。
 
;超級覇王電影弾(ちょうきゅうはおうでんえいだん)
 
;超級覇王電影弾(ちょうきゅうはおうでんえいだん)
 
:自ら気のエネルギー渦となって相手に体当たりを駆ける。『[[スーパーロボット大戦F|F]]』ではデモムービーで登場。
 
:自ら気のエネルギー渦となって相手に体当たりを駆ける。『[[スーパーロボット大戦F|F]]』ではデモムービーで登場。
89行目: 89行目:
  
 
== 余談 ==
 
== 余談 ==
本機はガンプラ化されていないが、『新SD戦国伝 超機動大将軍』(スパロボ未参戦)において、マスターガンダムがモチーフの'''魔星大将軍'''には、クーロンガンダムに酷似した軽装タイプが備わっており、ガンプラでも再現されている。
+
*本機はガンプラ化されていないが、『新SD戦国伝 超機動大将軍』(スパロボ未参戦)において、マスターガンダムがモチーフの'''魔星大将軍'''には、クーロンガンダムに酷似した軽装タイプが備わっており、ガンプラでも再現されている。
  
 
== 商品情報 ==
 
== 商品情報 ==

2019年6月15日 (土) 03:48時点における版

クーロンガンダム
外国語表記 KOWLOON GUNDAM
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦G
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルファイター
生産形態 ワンオフ機
型式番号 GF12-035NH(第12回大会)
GF13-001NH(第13回大会)
頭頂高 16.4 m
本体重量 8.0 t
動力 熱核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
レアメタルハイブリッド多層材
DG細胞
開発 ネオ・ホンコン
所属 ネオ・ホンコン
ガンダムファイター 東方不敗マスター・アジア
テンプレートを表示

クーロンガンダムは『機動武闘伝Gガンダム』の登場メカ

概要

第13回大会ガンダムファイトにおけるネオ・ホンコン代表のMF

東方不敗が第12回大会から引き続き搭乗している。そのため他の機体と比較すると機体性能的にやや古い事を劇中に本人が述べていたが、第12回大会では他のMFよりも一歩抜きん出た性能を誇り、第13回大会のMFと比較しても遜色のない性能を持っていた。

第12回大会では、第9回大会から3連覇を果たしたネオ・イングランド代表のブリテンガンダムを破り、決勝ではネオ・ジャパン代表のウルベ・イシカワが搭乗するガンダムを打ち破り優勝した。東方不敗の動きを完全にトレースするため、格闘戦用にセッティングされた機体で、当時火器重視のファイトスタイルが主流となっていたガンダムファイトにおいて、正統派格闘技スタイル旋風を巻き起こした。

本機は東方不敗がシャッフル同盟時代に乗っていたMF「シャッフルハート」(SRW未登場)が元になっていると言われている。

マスター・アジアがデビルガンダム軍団に加入後、本機はマスターガンダムが擬態したものが使用された。

登場作品と操縦者

SRWでは既にマスターガンダムに乗っていることが多いのであまり見ることのない機体。

旧シリーズ

第2次スーパーロボット大戦G
初登場作品。イベントにのみ登場。超級覇王電影弾を使用するが、その反動で大破する。
スーパーロボット大戦F
イベントのみ登場。デモムービーで原作での超級覇王電影弾のシーンが再現された。

単独作品

新スーパーロボット大戦
イベントにのみ登場。使用する事も倒す事もできない。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。
またおまけマップにて、味方ユニットとして出撃させることができる。本マップのボスは東方不敗のマスターガンダムだが、この機体を出撃させるとボスがル・カインザカールに変化する。性能的にはシャイニングガンダムと同程度な上に強力な武器が無く、何より宇宙MAPなのに適応Cという落とし穴があるので辛い。

装備・機能

武装・必殺武器

武装

マシンキャノン
胸部に内蔵された本機唯一の内蔵火器兵装。原作では使用されなかった。
クーロンストライク
格闘戦を行う。
クーロンクロス
流派東方不敗の布を使用した闘法。

必殺技

剣覇千王気炎弾(けんはせんおうきえんだん)
パンチを連打する技。新ではクーロンストライクと同様のアニメーションだった。原作未登場の設定のみ存在する技。
王家・策命穏霊拳(おうけ・さくめいいんれいけん)
』では気弾を連射する技。射程3・非P属性なので使いにくい。王家・索命陰霊拳の誤植では無いかと思われる。
超級覇王電影弾(ちょうきゅうはおうでんえいだん)
自ら気のエネルギー渦となって相手に体当たりを駆ける。『F』ではデモムービーで登場。
クーロンフィンガー
流派東方不敗のフィンガー系の技。SRW未実装。

移動タイプ

サイズ

M

名場面

超級覇王電影弾!
第12話より。登場するなりデスアーミーを生身で撃破した東方不敗の快進撃は、ガンダムに乗っても止まらない。「一機一機に構っていても仕方ない」とばかりにクーロンガンダムをエネルギーの渦で覆い、シャイニングガンダムの手を借りて放たれる超級覇王電影弾。「ガンダムが中年男性の顔のついた巨大な光の弾となり、無数の敵をなぎ倒す」シーンは、それまでの『リアルガンダム=宇宙世紀』という固定概念にも、良くも悪くも強烈な刺激を与えることになる。

関連機体

マスターガンダム
デビルガンダム軍団における本機の真の姿。
シャッフルハート
シャッフル同盟時代の東方不敗の愛機。本機の原型となった機体でもある。
ヤマトガンダム
マスター・アジアの若かりし頃の愛機。

余談

  • 本機はガンプラ化されていないが、『新SD戦国伝 超機動大将軍』(スパロボ未参戦)において、マスターガンダムがモチーフの魔星大将軍には、クーロンガンダムに酷似した軽装タイプが備わっており、ガンプラでも再現されている。

商品情報

資料リンク