ギジェ・ザラル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ギジェ・ザラル
外国語表記 Gije Zaral
登場作品 伝説巨神イデオン
声優 林一夫
初登場SRW スーパーロボット大戦F完結編
SRWでの分類 パイロット
サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 バッフ・クラン人
性別
年齢 19歳
瞳の色
所属 バッフ・クラン軍→オーメ財団ソロシップ
軍階級 サビアの位
テンプレートを表示

ギジェ・ザラルは『伝説巨神イデオン』の登場人物。

概要

バッフ・クラン軍の士官で、ロゴ・ダウ方面のイデ捜索隊隊長。下級貴族出身で、武道の達人でもある。のちにイデオン搭乗員となる。男泣きのサムライ。

バッフ・クラン宇宙軍総司令官ドバ・アジバの娘、カララ・アジバとは将来を約束された仲だが、好奇心旺盛なカララをもてあましている。

生真面目な男で、異星人相手にも話し合いの余地を与えるなど、副官のダミドとは異なった考え方を持つ。兵士としてもサムライとしても有能で、任務遂行を第一に、出来るだけ正面からの作戦展開を好む。

救援に来た上司アバデデ・グリマデを失い、ハルルの部下となる。一時ロゴ・ダウに再調査に戻るものの、復帰。合体破りの粒子ドノ・パンや、準光速ミサイルなどの切り札を用いて戦いを挑むもイデオンを倒せず、ハルルに捨てられる。なお、準光速ミサイルの攻撃で、植民星アジアンは半壊滅してしまう。

ハルルに捨てられた後は、サビアの位を捨ててオーメ財団の傭兵になり、ヘアスタイルもオールバックに変えた。私設軍のダラム・ズバの下でイデオンと戦うも、ゲリラ戦法になじめないこともあって失敗を重ねる。結果、遂にはダラムにまで捨てられてしまう。

その後、イデのなんたるかを知りたいがために寄航中のソロシップに乗り込み、そのままソロシップのクルーとなり、戦死したモエラの代わりにイデオンBメカのパイロットとなる。

潜り込む際のいざこざで始まったシェリルとの付き合いは、似たもの同士であるという事もあり、互いに愛し合うところまで発展する。 最終話1話手前の38話で、ステッキン・スターにてコドモン隊と交戦した際、ピンチのカーシャをかばい、身動きが取れなくなった所に集中砲火を受け、その身にアディゴの加粒子砲の直撃を受ける。直後、イデオンソードがステッキン・スターに打ち込まれるのを見つつ、息を引き取る。

劇場版『接触篇』ではアニメ全39話中37話分をまとめた関係上、出番が極端に減少。 アニメ版では半分ほどの回で敵として戦っており文字通りのライバルだったのだが、劇場版では敵として戦闘するのはわずか2回、ソロシップ勢とお互いに個人名を認識しあうこともない。 アニメ版で仲間に加わるときは過去の因縁から特にカーシャの反感を大きく買っていたのだが、劇場版では全く面識がないためカララに紹介してもらう始末。 そして『接触篇』の最後に仲間になったと思ったら、『発動篇』の冒頭のスタッフロール中にテレビ版同様に戦死。 その後は彗星の衝突で吹き飛ばされるシェリルを幻の姿で迎えに現れる。全てが終わった後の因果地平では、メシア誕生の瞬間を見ながらシェリルと共に飛んでいた。

登場作品と役柄

旧シリーズ

スーパーロボット大戦F完結編
初登場作品。後半のオーメ財団時の姿で登場。最初は敵だが、原作同様イデオンのサブパイロットとなる。必中を覚えるので、イデオンの攻撃に欠かせない。

αシリーズ

第3次スーパーロボット大戦α
普通に進めると原作通り死亡してしまうが、隠し要素のフラグを立てれば生存し、終盤でガンガ・ルブに搭乗して復帰する。
彼自身は優秀で、小隊に貢献できる精神コマンドもそれなりに持っているのだが、搭乗機のガンガ・ルブの性能がいまひとつ振るわず、小隊編成コストも2と高め。何より、EVA初号機F型装備の入手フラグとの兼ね合いが非常に難しいうえ、彼を仲間にする為のルートを通るとUCガンダム系の隠し機体の早期入手フラグを逃がす為、二周目以降に回すプレイヤーも多いと思われる。

パイロットステータス設定の傾向

精神コマンド

F完結編
根性必中隠れ身ひらめき再動
魂と必中つきのイデオンガンから逃れられる敵はほとんどいない。再動は覚えるレベルが非常に高いので工夫をしなければまず使えない。
第3次α
偵察狙撃集中熱血加速かく乱
偵察とかく乱は自軍全体に、狙撃は小隊員として攻撃に参加するとき(小隊長として攻撃しなければ狙撃の効果が消失しない為)、加速は小隊に貢献できる為、中々有能。ただし、ひらめき不屈も無いのは辛い。

特殊技能(特殊スキル)

第3次α
底力L6、カウンターL5、気力+ (命中)見切り

小隊長能力(隊長効果)

クリティカル率+20%、命中率+20%
第3次α』で採用。命中率+20%はオーメ財団傭兵として再登場した際に追加される。

人間関係

ハルル・アジバ
上官。アバデデの死後彼女の下につくことに。カララのことを忘れるよう再三に渡って釘を刺していた。最終的に捨てられる。
ドバ・アジバ
宇宙軍総司令。カララの許婚にし、イデの捜索隊に任命するなど破格の待遇(成功すれば武官では最高位であるハングの位も夢ではないとのこと)を与えていたが、結果として期待を裏切ることに。
アニメでは直接対面するシーンは全くなかったが、小説では古武士にも通じるギジェのたたずまいを大いに気に入ったとされている。
カララ・アジバ
元・許婚。後々彼女の頼みでベス救出を手伝うというどこか因果な役回りを負うハメに。
アバデデに言わせれば「もし結婚したら一生尻に敷かれる」とのことだが、言葉通りの意味のほかにもギジェがカララ救出に拘り出世できなくなることを諌める意味もあった模様。
ダミド・ペッチ
同僚で友人。ギジェに対して対抗意識を持っている。失敗続きのギジェに「お前の出世を当てについてきた俺はどうなる!?」と露骨に失望を口にしたことも。
ダラム・ズバ
オーメ財団での上官。で彼に見捨てられてしまう。
フォルモッサ・シェリル
ソロシップクルー。後に恋人関係になる。
ユウキ・コスモ
彼のコイントスに自身の生殺与奪を委ね、結果、仲間として迎え入れられる。
パンダ・ロッタ
初めてBメカに乗ったギジェの監視役を務める。
アバデデ・グリマデ
物語初期の上官。ギジェの才能を買い目をかけていたが、単身カララを救出に行った際に拒絶され自らも命を落とす「バカな死に方」をした。SRW未登場。

他作品との人間関係

破嵐万丈
第3次α』ではソロシップクルーへの謝罪の際に流した涙で、彼の信用を得る。色々と気が合っていた。
サコン・ゲン
『第3次α』では共にイデの解析に活躍した。
キラ・ヤマトアスラン・ザラ
『第3次α』では「敵だから」「異星人だから」という偏見に反論し、ギジェを擁護する。

名台詞

「巨神になった!? あんなメカが空中で巨神になった!?」
イデオンの合体を見て。
「うぉぉぉっ! 地面から現れた!? 宇宙船が!? な、何故だ…何故わざわざ地面の中から!?」
ソロシップが浮上したのを見て。
「話し合いのチャンスを与えても無視をする…なんと凶暴な種族だ!」
植民星アジアンに準光速ミサイル(亜空間飛行解除中の速度で対地ミサイルを発射することで、通常のミサイルでも惑星規模の広域破壊力をもたらすことが出来るという仕組み)を撃ち込みつつ、ソロシップとイデオンを引き渡すようアジアン基地に求めるが、ちょうどアジアンのコンピューターでイデの力の片鱗が解読されていた。
それに目のくらんだアジアンの基地司令は勧告を無視してバッフ・クランと戦闘を開始、激怒したギジェは準光速ミサイルの第二波発射を決断する。この戦闘でアジアン星はほぼ壊滅してしまった。
もっとも、惑星ひとつ滅ぼせる物をちらつかせて「話し合いのチャンス」と言えるかどうかは限りなく疑問である。
「君も不安だろうが私は嬉しい。このイデのゲージの輝きを、巨神の中から見られるということが」
第33話でBメカに乗って初戦闘に臨む際に。口調からしてイデオンの中にいる高揚感を隠せていない。
ちなみに「君」とはコ・パイロットのマルス・ベントのことで、SRWでは『F完結編』・『第3次α』共に登場しないため、監視役のロッタに言っている。
「ロッタさん。私のことで気に入らぬことがあれば、1発とは言わない。10発でも20発でも撃ってくれていい」
イデオンBメカのパイロットになった際、監視役で乗り込んだロッタに対しての台詞。『F完結編』では一つ上の台詞も含めてDVE。『第3次α』にも同様のDVEが収録されているが、ゲーム中では使われておらず没データとなっている。
「イデの発現がなんたるかを私は見たい! そのためにはどんな生き恥をさらそうと私はかまわん!」
「俺は、破廉恥な男なのかもしれん…」
イデの行く末を見たいがためにバッフ・クランを裏切った自分について。なお「破廉恥」とは「恥知らず」という意味であり、助平な意味ではない。『F完結編』・『第3次α』ではDVE。
「まさにイデの力の発現だ!」
「イデの発現なのか!?」
イデオンに乗り込むようになって以降の口癖のようなもの。後述する死に際の思いまでこれの派生だった辺りにイデへの執着が見える。
「因果の地平、つまり宇宙の果てにな。そうすれば運命なんてものからも逃れられる」
「そうでなければ、このイデオンの戦いは悲しすぎる…」
第38話で酒浸りのシェリルを慰めようとして発した「どこまで逃げればいいのか」という見解。「因果地平」という言葉が直接登場した場面だが、その前のかなりくだけた口調のギジェも見物。とは言え本人にしてみれば根拠のない希望のようなもので、かつてイデの発現にはしゃいでいたギジェも相当に疲れていることがうかがえる。
『第3次α』では、バッフ・クランに加えゼ・バルマリィ帝国監察軍、宇宙怪獣プロトデビルンとの戦いをも強いられるαナンバーズの状況を悲観して言っている。
「おやおや…」
第38話でレストタイムを「カーシャと一緒に寝て過ごした」と語るコスモのアダルトジョークに対する反応。直後に膨れっ面で反論するカーシャを見て苦笑するなど、完全にソロシップクルーの面々と打ち解けた事が窺える。
「こ、これが…イデの発現か…」
第38話にて。既にアディゴの加粒子砲により致命傷を受けており、ステッキン・スターの大地を貫くイデオンソードの輝きを目に映しながら頭に浮かんだ最期のセリフというか思念。前話のフォルモッサ・リンの時にしろギジェの時にしろ、人間が死ぬ間際にイデが発現しているようにも見える。『第3次α』ではDVE。

スパロボシリーズの名台詞

「この種族…私の想像を超えた精神構造なのか…!」
第3次α』第18話「銀河流浪」における熱気バサラとの戦闘前会話。戦闘中、誰彼構わずに歌う彼が相手なだけに、戸惑うのも無理は無い。
「我らもイデに踊らされているに過ぎないのかも知れん! それでも私は…イデの善き現れにかけてみたいのだっ!」
『第3次α』対バッフ・クランルート第58話「発動」における、生存した状態でのドバとの戦闘前会話。

搭乗機体

イデオン
デッカ・バウ
ドグ・マック
ジグ・マック
ガンガ・ルブ
ガルボ・ジック

余談

  • ギジェを演じた林一夫氏は、『伝説巨神イデオン』に非常に強い思い入れを持っており、氏の代表作欄にも『イデオン』が記されているのだが、これは林氏本人の希望によるものである。
    • 林氏のプロフィール写真は髪型がギジェと同じなのだが、これは舞台の役作りのため髪型をオールバックにして髪を伸ばしていたところ、偶然にもギジェと同じ髪型になり、これが気に入った為その後もこのヘアスタイルを維持しているという逸話もある。