ガンダムMk-III

提供: スーパーロボット大戦Wiki
2019年5月21日 (火) 23:27時点における (トーク | 投稿記録)による版 (関連機体)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
Jump to navigation Jump to search
ガンダムMk-III
外国語表記 Gundam Mk-III
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 藤田一己
初登場SRW スーパーロボット大戦64
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 MSF-007(MSA-007)
頭頂高 19.5 m
本体重量 32.1 t
全備重量 48.2 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 2,022 kw
スラスター総推力 107,500 kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 11,500 m
開発 アナハイム・エレクトロニクス
所属 エゥーゴ
テンプレートを表示

ガンダムMk-IIIは『ガンダムシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

Ζ計画の一環として、アナハイム・エレクトロニクス社のフジタ博士がガンダムMk-IIを研究し開発された機体。型式番号のFは博士のイニシャルから来ている。

Mk-IIのムーバブルフレームの欠点を克服したより人体に近いムーバブルフレームを搭載している。ジェネレーターや武装は新規設計。

顔はΖガンダムとよく似ている。

ちなみに地球連邦軍ティターンズ双方が本機とは別に「ガンダムMk-III」の名を冠するモビルスーツを独自に開発し、複数種類存在することになっているが、これは各媒体でガンダムMk-IIIを発表する際、そのデザインが大きく異なっていたことによる。最も有名なのは型式番号がMSF-007(もしくはMSA-007)の本機であり、ゲーム『SDガンダムGジェネレーションシリーズ』に登場するのもこのタイプ。

『アナハイム・ラボラトリー・ログ』ではクワトロ・バジーナの搭乗を目標とした8号機が登場。赤いカラーリングになっている。

強化装備形態[編集]

フルアーマーガンダムMk-III
脚部と肩部に大型ビームキャノンを装備し、火力と推力を増強させた状態。重量増加による機動力低下が問題となりがちな宇宙世紀MSのフルアーマー化の中では、機動力の向上も見事実現している数少ない完全成功例の一つである。『バトルコマンダー 八武衆、修羅の兵法』にはデザインが異なるものが登場する。SRW未登場。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
逆襲のシャアルート第4話であるイベントを起こすと、第20話で登場しフォウ・ムラサメジェガンの代わりに乗り込む。
ケーラ・スゥが乗っていたジェガン改造を引き継ぐため、少しでも改造しておくとステージの攻略が少し楽になる。運動性が高く火力もそこそこあるので改造すれば使える。
スーパーロボット大戦D
木星に行くか、カイラスギリー攻略作戦に参加するかという選択肢で、「木星に行く」を選ぶと第16話で入手。ルー・ルカが乗っている。
ちなみに「カイラスギリー攻略作戦に参加する」を選ぶと、ルーは何にも乗っていない状態で仲間になる。択一になるνガンダムHWS装備型の方が強いので、あまり使われない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
初登場作品。独立軍ルートのシナリオ「マーズとマーグ」にて、メタス改と同時に入手。運動性が120と高めで、主力のビームキャノンは射程6と長いので改造すれば十分使っていけるが、終盤はIフィールドを持った敵がかなり出てくるので厳しい。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ビームキャノン / 2連装ビームキャノン
背部に2門装備。ビームサーベルとしても使用可能。
SRWではシールドの裏側からビームが発射されているが、後述のシールド付属ビームサーベルの設定を利用したのだろうか?
シールド
防御用の実体盾。左腕に装着。ビームサーベルをマウントしたまま出力して格闘戦も可能。何故かエルガイムの盾に似ていることで有名。
ビームサーベル
シールドの表面にマウントされている物と、肩部ビームキャノンの砲塔となっている物がある。
ビームライフル
2種類の異なるEパックを装着する独自の物。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「モビルスーツ戦 ~交戦~」
R』での『Zガンダム』のパイロット搭乗時。
「アニメじゃない -夢を忘れた古い地球人よ-」
『R』での『ガンダムZZ』のパイロット搭乗時。
「宇宙を駆ける~ゼータ発動」
D』での『Zガンダム』のパイロット搭乗時。
「サイレント・ヴォイス」
『D』での『ガンダムZZ』のパイロット搭乗時。

関連機体[編集]

ガンダムMk-II
本機の元となった機体。
ガンダムMk-III“イグレイ”
地球連邦軍が独自に開発したガンダムMk-III。
ガンダムMk-III“ハーピュレイ”
こちらはティターンズが開発したガンダムMk-III。
ガンダムMk-IV
インコムを搭載した本機の発展機。
元々は「ガンダムMk-Vガンダム・センチネルに登場。設計思想がドーベン・ウルフに受け継がれたとされる)」に関する文字設定上には存在する機体であったが、詳細については長らく不明のままだったMS。
後にMk-Vから逆算したデザインを与えられて『SDガンダムGジェネレーションシリーズ』に登場した。SRW未登場。
Ζガンダム
顔の形状が似ており、ガンダムMk-IIが開発に絡んでいる点が共通している。

他作品の関連機体[編集]

騎士ガンダム
西洋鎧を来た武者として武者七人衆にはいない本機をモチーフに、はみ出し者の武者としてデザインされた。
後に頑駄無軍団のはみ出し者「武者頑駄無真悪参まーくすりー」が異世界へ転生した姿という設定が与えられる。
完成品フィギュア『リアルタイプガンダムクロス』では、騎士ガンダムの鎧を全て外すとガンダムMk-IIIが現れる。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]