ウイングガンダムゼロ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
2019年6月22日 (土) 23:09時点におけるOchabot (トーク | 投稿記録)による版 (初登場SRWにプロパティを設定する)
Jump to navigation Jump to search
ウイングガンダムゼロ
外国語表記 Wing Gundam Zero
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 大河原邦男
初登場SRW スーパーロボット大戦F完結編
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 高性能実験型モビルスーツ
生産形態 ワンオフ機
型式番号 XXXG-00W0
頭頂高 16.7m
重量 8.0t
装甲材質 ガンダニュウム合金
アビリティレベル
ファイティングアビリティ
レベル150
ウエポンズアビリティ
レベル150
スピードアビリティ
レベル160
パワーアビリティ
レベル140
アーマードアビリティ
レベル140
開発者 ドクターJ
プロフェッサーG
ドクトルS
H教授
老師O
主なパイロット ヒイロ・ユイ
ゼクス・マーキス
カトル・ラバーバ・ウィナー
テンプレートを表示

ウイングガンダムゼロは『新機動戦記ガンダムW』の登場メカ。同作品の後半の主役ロボットである。

概要

機体概要

OZを出奔したドクターJら5人の技師が、トールギスを基に設計した試作型モビルスーツ。

オペレーション・メテオのガンダム5機の原型(アーキタイプ)であると同時に、背中に翼状のバインダー(二つに展開する)が付いた外見や装備、「機動性を中心にバランスの取れた汎用機」というコンセプトは後にドクターJが設計したウイングガンダムに酷似している。いわば、オリジナル・ウイングガンダムだが、ウイングを初めとしたオペレーション・メテオ用機体が地上用に開発されたのに対し、本機は宇宙戦を主体としており、更に地上でも未調整のまま力を発揮した。

最大の特徴は、機体管制システムとしてあらゆる未来予測を導き出し、それをパイロットに教えるゼロシステムを搭載していることにある。だがこのシステムは暴走の危険性が高く、しかもドクターJが「コロニーの1つや2つは沈む」と述べたような戦闘力を発揮する代物であった。技師たちはその危険性から本機体の開発は設計段階で終了させ、ペーパープランのままにしていた。 その性能はプロペラントと武装と装甲を除いたフレームのみでトールギス以上の性能どころかトールギスもう1機分以上のスペックを持つほど。

それから十数年後、父親を殺されて怒りに自分を失ったカトル・ラバーバ・ウィナーが、H教授が残していた設計案の1つをウィナー家の財力で完成させてしまったのが、テレビ版のストーリーに登場するウイングガンダムゼロである。

ネオ・バード形態

変形した巡航形態。「ネオ」とついているが、実際はウイングガンダムのバード形態のオリジナル。変形システムも大まかな点では同じ。

ウイングガンダムと同様に腕部がランディングギアになるため、バード形態のまま着陸も可能(総集編の新規映像で確認できる)。

劇中での活躍

本機に搭乗したカトルは、憎しみの心からゼロシステムに取り込まれたまま、ウイングガンダムゼロでOZ宇宙軍やOZを受け入れたコロニーに攻撃を仕掛けていく。

ヒイロ・ユイメリクリウスと対戦して戦闘不能に追い込むが、トロワ・バートンの捨て身の説得でカトルはゼロシステムから解放。OZに鹵獲され、その力に魅せられたOZの技術仕官トラント・クラークが搭乗した。だが、トラントはゼロシステムの精神負荷に耐え切れず死亡してしまう。こうしてまた宇宙空間に放棄されていたところを、損傷したトールギスを自爆させた際にゼクス・マーキスが乗り換える。放棄されていたのはゼクス抹殺を図ったOZ側の罠だったのだが、仕掛けた爆薬は重装甲の当機体には無意味だったため、OZ側の追手はゼロに乗ったゼクスによって撃破された。そしてサンクキングダムにおいてヒイロのガンダムエピオンと交戦、お互いゼロシステムやシステムエピオンに取り込まれた極限の中の戦いで、両機共に負荷で戦闘続行不能になり引き分けに終わる。そしてヒイロの提案から機体を交換。主人公ヒイロの乗機となって、物語の終盤に活躍することとなる。

この機体には最終的にガンダムパイロット5人が最低1度以上搭乗しており、皆ゼロシステムを経験しているが、最終的にゼロシステムを使いこなせたと言えるのは、同質のシステムを備えたエピオンに搭乗経験のあるヒイロだけであった。

ボンボン版では、最終決戦時にエピオンを含むガンダム6機で6機分のジェネレータを使用しツインバスターライフルを放ちリーブラの破壊に成功している(SRWにおいてはCCにおいてEW版設定の機体で原作とは異なるシチュエーションであるがイベントにて再現されている)。

OVA新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』ではカトキハジメ氏の手によってデザインが刷新され、変形機構を排し、巨大な羽を備えたEW版のウイングガンダムゼロとなったが、漫画『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光』ではストーリー展開が変更されている。まずカトルがH教授の設計図を基に建造・搭乗した機体はカトキ氏が大河原邦男氏によるTV版をEW版のプロポーションで再現した「ウイングガンダムプロトゼロ」として登場。TV版同様の経緯で搭乗したトラントがゼロシステムの精神負荷に耐え切れず自爆させてしまうが、頑丈さからフレームは無事だったため、回収したハワード達が当時支援していたゼクスの新たな機体としてEW版ウイングガンダムゼロへと改修、そしてTV版の経緯でヒイロに渡るという展開をたどった。

プロトゼロの外見は先述通りほぼTV版同様で、バード形態への変形も可能である。ウイングバインダー内部にネオバード形態用の副翼が収納されているなどの設定が追加されている。そして漫画版のEW版ゼロも、トラントの自爆で失われたシールドが用意された際に変形システムが復元されている。

搭乗者

2代目主人公機ではあるが、紆余曲折を辿って主人公ヒイロ・ユイの元に来る事となり、操縦できるのは劇中後半となる。

カトル・ラバーバ・ウィナー
最初に搭乗。ゼロシステムに取り込まれ、暴走してしまう。
トラント・クラーク
ゼロシステムの魅力に取り憑かれるが、システムに耐え切れずに死亡する。
デュオ・マックスウェル
トラントの目論見により無理やり乗せられるが、ゼロシステムに耐え切れず自ら降りる。ガンダムパイロットでは唯一ゼロシステムに抗えなかった。
ゼクス・マーキス
ゼロシステムに翻弄されながらも、同質の機体管制システムを持つガンダムエピオンではシステムを克服する。
張五飛
未来が見えない五飛にヒイロが貸した。そして彼は倒すべき敵を見つける。
トロワ・バートン
記憶喪失状態で自ら搭乗。ゼロシステムに翻弄されつつも、カトルの説得により記憶を取り戻す。
ヒイロ・ユイ
当初は彼もゼロシステムに翻弄された。しかし同じシステムの「システムエピオン」を搭載したガンダムエピオンの体験から、遂にシステムを克服。彼の倒すべき敵を見出すための機体となった。

登場作品と操縦者

『ガンダムW』はEW版での参戦が多いため、TV版の本機が参戦した回数は意外と少ない。カトルが乗りゼロシステムにより暴走するイベントが用意されていることが多い。αからゼロシステムが特殊能力となったが、原作で本システムを使いこなしたヒイロとゼクス以外のパイロットでも暴走などのデメリットはなく、パイロットの能力が上昇するのみで特に支障なく扱える。以後も基本的にこの様式が採用されている。

過去作ではより強力なウイングガンダムゼロカスタムへのパワーアップが待ち構えているため、本機のまま運用されることは少ない。D、第2次Z再世篇、OEではTV版のみでの参戦なので、本機のまま最後まで使用されることになる。

旧シリーズ

スーパーロボット大戦F完結編
初登場作品。敵ユニットとして暴走カトルが搭乗しているイメージが強いか?地形効果目当てでコロニーに陣取っていたりすると、本機登場時のコロニー破壊イベントに巻き込まれるので注意。攻撃力は高いが、HPが味方時と変わらないので敵としては非常に低く、必中をかけた攻撃で簡単に落とせる。隠し要素の条件を満たすとヒイロと共に自軍に入る。他のW系ユニット同様に参入時、能力武器全てが6段階改造済みであるのはありがたいが、ウイング系パイロットの能力が件並み低く、攻撃を当てる事さえ難しい状態で、この機体でも一軍で使うのはほぼ不可能と不遇な扱い。まともに活躍させるならばカスタム化は必須。
選択肢次第でウイングガンダムゼロカスタムに変化する。カスタム化を選ぶとかなりの戦力アップが得られるが、ただでさえ使用期間が短いのにカスタム化が終わるまで2話もかかり、その間Wゼロとヒイロが使えなくなってしまうので注意。カスタム化で使用できるのはわずか3話。
当時ツインバスターライフルは「ツインバスタービームライフル」という名称だった。通常版ツインバスタービームライフルをフル改造すると自機周囲範囲型マップ兵器のツインバスターライフル2が追加される。

αシリーズ

スーパーロボット大戦α
味方ユニットとしては一部のルートでしか使用できない。登場シナリオはわずか3話にすぎないが、原作通り出てくるたびに、カトル(敵)→ミリアルド(味方)→ヒイロ(味方)、とパイロットがころころ変わるのが特徴的。おまけに選択肢次第ではヒイロが乗り込まなくなってしまい(しかもこの選択で熟練度が上がる)、そのままウイングガンダムゼロカスタムに乗り換えてフェードアウトしてしまう。不遇な扱いである。本作品で初めてゼロシステム特殊能力となった。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
PS版より射程が伸びた。ウイングガンダムから改造を引き継ぐのだが、全体的に能力は上がっているが、HP装甲が落ちる。ちなみに本作ではウイング、ゼロ、ゼロカスタムの中で本機の状態が最もHPが低い。

Zシリーズ

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
D以来久々の参戦。今回ゼロシステムの効果が気力変動型であり、最大で格闘・射撃が+16、技量が+40、その他の能力値が+26上昇する非常に強力な効果になっている。弾数制MAP兵器としてローリングバスターライフル(自機中心・P武器)とツインバスターライフル(長射程・直線型)の二種類を併せ持ち、最強武器の「ツインバスターライフル最大出力」の高火力も合わさって全機体の中でもトップクラスの性能を誇る。加速と突撃も使えるため、最大射程も半端ない。
シナリオ上でも今までの不遇ぶりを挽回するかのように出番が多い。名称の縁からかゼロと対決する話があり、終盤にはゼロシステムの意外な出自が明かされる。特にダブルオーライザーとは「双子の兄弟機」と位置づけられ、見事なクロスオーバーを見せてくれる。
なお「今回のウイングゼロは弱くない」「歴代でも最強のウイングゼロ」という好意的な声が多いなか、ヒイロ役の緑川光はこのような評価に対して「ウイングはいつだって最強なんだよ! 今回(再世篇)は強いってなんだよ!」と憤りを感じているとか。

携帯機シリーズ

スーパーロボット大戦D
スパロボでは初めて最後までこの状態で使う事になる。ウイングガンダムが登場しないので、ヒイロは最初からウイングゼロに乗っている。ストーリー上では、トロワが乗って記憶を取り戻したり、五飛に異星人と戦うビジョンを見せたりしている。本作ではHPは決して高くないので、運動性を強化しリアル系として運用するのがいいだろう。地形適応が空・宇宙共にSなのでステージを選ばず能力を発揮できる。パイロットはカウンターヒット&アウェイをデフォルトで修得しているゼクスがオススメ(ただしスキルパーツによる射撃の強化が必須)。

単独作品

スーパーロボット大戦64
カトルの暴走はイベント中で終始するので戦う事はない。遠距離武器のツインバスターライフルが強力で、今回はヒイロたちの2回行動も早いので主力で使える。しかしカスタム化のデメリットが無いので早々にウイングガンダムゼロカスタムにされてしまうかも。この頃はまだゼロシステムは特殊能力として扱われていない。
スーパーロボット大戦Operation Extend
ヒイロが最初から当機に乗って参戦。Ver.1.03パッチで大きく性能が強化されている。このときにローリングバスターライフル(本作では自機中心型のマップ兵器)が移動後使用可能になっている。

関連作品

スーパーヒーロー作戦
カトルが乗り、中ボスとして初登場。その後ヒイロが乗る事になり、彼の戦闘時における姿となる。本作にはエンドレスワルツは作品自体が参戦していない為、最後までこの姿。

装備・機能

武装・必殺武器

武装

マシンキャノン
胸部上肩側に2門装備。肩のカバーを180度回転させて、露出した4銃身のガトリング砲で射撃する。牽制用途に止まらず通常のガンダニュウム製MSなら一瞬で破壊が可能な威力がある。ゼロシステムの作動中はパイロットの思考のみで使用することもできる。
展開方式に問題があったのかEW版では肩パーツのカバーが開いてガトリング砲が出てくる方式に変更されている。TV版でも初期の頃はカバーの展開で使用していたこともあった。
『OE』では序盤の肩カバーが開く描写を採用。
ウイングバルカン
背中のブースターに付属している機関砲で、発射するにはブースターを覆うカバーを展開する必要がある。普通に立つと銃口が上を向く都合上、基本的にネオ・バード形態用の武器。ただしMS形態でも発射自体は可能。
スパロボでもネオ・バード形態用の武器だが、作品によっては付いていない。
シールド
左腕に装着するガンダニュウム合金製のシールド。先端に伸縮機構付きのラムがある。ネオ・バード形態では機首を構成し、バスターライフルを両側に備える。
シールドの側面に銃口のようなものが1門ずつあり、一部資料ではこれをウイングバルカンとしているものもある。
ビームサーベル
両肩のアーマーに格納されている。ガンダニュウム合金製のMSをも軽々と両断し、ビーム表面の電離層により水分子とビームが分離される為、水中でも使用可能。出力も高く、近接特化型のエピオンとも互角に渡り合える程。エピオンとの決着を付けたのも、ツインバスターライフルではなく、この武器。
ツインバスターライフル
ウイングゼロの主武装。二丁のバスターライフルを平行連結したもので、ウイングのバスターライフルが弾数式なのに対し、ツインバスターライフルは機体から直接エネルギーを供給・発射する。その為、機体のエネルギーが続く限り、連続発射が可能。ただし、同一機であるEW版の設定では機体本体の最大内蔵エネルギーはコロニー破壊3回分とされており、最大出力ではウイングガンダム同様3回程度の発射が限度となる。バスターライフルの倍以上の破壊力を持ち、出力を通常のビームライフル程度に調整して連射も可能。
ネオ・バード形態では分割され、シールド部の両側に装備し、主砲として使用可能。
コミックボンボン版の最終話では「二丁形態」と「機体から直接エネルギーを供給する」これら2つの特性を活かし、ゼロを含む6機のガンダムが、2組ずつに分かれた状態でツインバスターライフルを発射して、リーブラを破壊した。合体攻撃の類ではあるのだが、現在のところ、スパロボでは実装されていない。
なお、この武器は非常に頑丈なようで、メリクリウスのサーベルはおろか、ヴァイエイトのビームキャノンを受けても壊れることはなかった。
ツインバスターライフル(通常版)
ツインバスターライフルの出力を通常のビームライフル程度に調整して発射する。
スパロボでは第2次Zで追加。「ツインバスターライフル」表記でEW版と異なり、二丁のバスターライフルを交互に発射する。
ツインバスターライフル(最大出力)
ツインバスターライフルを最大出力で発射する。最大出力では18km程のスペースコロニーやそれよりも巨大な衛星を破壊可能な威力がある。
スパロボでのツインバスターライフルは基本的にこれであり、長射程、高威力で燃費も良好な強力な武器として実装されている。「ツインバスターライフル」と表記されるが、過去作品では「ツインバスタービームライフル」と表記されていた。
第2次Zでは通常版ツインバスターライフルが追加されたため「最大出力」が付いた。カットインはリーブラの破片破壊のシーンと、止めは破壊シーンのラストシーンである。
MAP兵器版もあり、2本の直線状の射程を持つ。大抵は弾数が3。
小説版ではネオ・バード形態で使用し、機首に接続する独自の形態で発射している。

必殺技

ローリングバスターライフル / ツインバスターライフル2
分割した2丁のバスターライフルを両手に持ち、360°方向へ最大出力で発射、射角も変更しながら機体を回転させる。ちなみに原作でこの撃ち方をしたのは暴走状態のカトルとウイングゼロ初搭乗時のゼクスで、ヒイロはしていない。
スパロボでは基本的に全周囲MAP兵器。F完結編では「ツインバスターライフル2」という名称。初期は通常版ツインバスターライフルをフル改造する事で追加される武装だった。
F完結編では「原作終盤でガンダムチームが着用した黒いパイロットスーツによるカットイン」が挿入されるが、後の作品では殆ど普段着姿(ヒイロのタンクトップなど)ばかり披露していることを考えると、きわめて稀少である

特殊装備

ゼロシステム
膨大な未来予測データをパイロットの脳内に直接リンクすることで、あらゆる戦術行動を最適化させる装置。それは時にシステムの域を超越した未来予知とも言える未来を見せる事がある。更に脳内麻薬を直接に出し、能力の超強化や痛覚のマヒなどを行う事も可能。だが、パイロットに負荷が掛かり、場合によっては死んでしまう。

特殊能力

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動する。
変形
MS形態⇔ネオ・バード形態へと変形できる。
ゼロシステム
αから特殊能力として実装。気力が一定以上になるとパイロット能力が強化される。

移動タイプ

宇宙
MS形態。原作準拠で変形せずとも飛行できる作品もある。
宇宙
ネオ・バード形態。飛行可能。

サイズ

M
Mまたは3
OE

カスタムボーナス

特殊能力『ゼロシステム』の強化
第2次Z再世篇

機体BGM

「JUST COMMUNICATION」
「RHYTHM EMOTION」
「汝に大義ありや」
再世篇でカトルが乗っている時はこの曲。
「思春期を殺した少年の翼」
OEではこの曲。

対決・名場面

ゼロと呼ばれたガンダム
復讐の鬼となったカトルの手で15年の時を経て開発されたウイングガンダムゼロ。ウイングガンダムと同じようにバードモード=ネオバードモードで姿を見せた後、OZの資源衛星をツインバスターライフルの一撃で破壊。その事をトロワから聞かされたドクターJ一行は、オリジナルのガンダムによるものであることを察し、戦慄するのだった。
ヴァイエイトメリクリウス
カトルのウイングゼロにトロワのヴァイエイトとヒイロのメリクリウスが攻防を繰り広げる。トロワはカトルの変貌に戸惑い、戦えないのに対し、ヒイロは果敢に戦いを挑むが、戦闘不能に追い込まれる。最終的には、トロワの捨て身の行動により、カトルは正気に戻った。
ガンダムデスサイズヘル
トラントがゼロに搭乗し、デュオのデスサイズヘルと戦闘を行う。パワーでデスサイズヘルを圧倒するが、トラントがゼロシステムに翻弄され死亡する。
アルトロンガンダム
ゼクスがゼロに搭乗し、ツインバスターライフルを手放し、五飛に協力を要請するため交渉を試みるが、五飛は聞く耳を持たず一方的に攻撃をしかけてくる。五飛が勝負に勝ったら話を聞くと言ったため、そこからゼロもビームサーベルで応戦。しかし、近接格闘戦に特化しているアルトロン相手では、ツインバスターライフルなしでは勝機なしとゼクスは判断しライフルを回収するのだが、ライフルを手にしたと同時にゼロシステムが発動しゼクスはシステムに翻弄されてしまう。
ガンダムエピオン
3回対戦して、一勝二引き分け。最初の勝負はウイングゼロにゼクスが、ガンダムエピオンヒイロが乗り込んで対戦するが、お互いゼロシステムに取り込まれてしまい機体が負荷を起こして引き分けに終わった。二度目の対決はヒイロがウイングゼロ、ゼクスガンダムエピオンで対決するが、ゼクスが撤退したためまたも引き分け。そして最後の対決では地球圏の命運を賭けた一騎打ちで、ウイングゼロのバスターライフルをエピオンが取り払い、格闘戦の対決となる。そして世界の大勢が決着し、ゼクスは一人の戦士としてヒイロとの決着を図るが、ヒイロの「未来は見えているはずだ!」の一言で、左腕を切り裂かれてウイングゼロの勝利に終わった。左腕を損傷したのはウイングガンダムトールギスで対戦したヒイロゼクスの対決と同じ結末であった。
リーブラ狙撃
地球に落下するリーブラの破片。大規模構造物であるリーブラを破壊できるのはウイングゼロのみ。エピオンとの戦闘で失ったツインバスターライフルをウーフェイから受け取って、「任務了解」と狙撃のため大気圏への突入を敢行する。そして、地球に落下するリーブラの破片を目前にして死を覚悟するが、自分の居場所があるヒイロは「俺は死なない」と劇中で初めて生への渇望を表現し、ツインバスターライフルでリーブラの破片を完全破壊した。そして、その爆炎の中から現れたウイングゼロを仲間達らは祝福するのであった。

スパロボシリーズの名場面

もう一人の革新者
第2次Z再世篇黒の騎士団ルート「革新」にて。イノベイドとの決戦の最中、ヴェーダを奪還したティエリアがセラフィムのトライアルフィールドを発動、ヴェーダの統制下にあった敵機体を停止させ戦況をひっくり返すことに成功する。が、直後にセラフィムがリボンズ・アルマークの攻撃を受け大破してしまう。その後ヴェーダから直接敵機体を停止させるため、ヒイロはゼロシステムとヴェーダを直結させてプロテクトの解除コードを探ることを試みる。それは情報の奔流によってヒイロ自身の精神を破壊しかねない危険な賭けであった。
仲間の反対を押し切ってヴェーダに挑むヒイロ。それを見たリボンズは「人に耐えられるはずがない」と嘲笑するが、対してヒイロはこう言い放つ。「勝手に俺を殺すな」と。そして情報の奔流の中から掴み取ったコードをティエリアに伝え、敵の機体の大半を撤退させることに成功する。このことはリボンズにアイデンティティが崩壊するほどの精神ダメージを与えた。
その後ヴェーダと一体化したティエリアからウイングガンダムゼロに隠されていた秘密―ゼロシステムがイオリアの遺産であったこと、ダブルオーライザーと事実上の兄弟機ということ―が明かされる。ヒイロはティエリアから「イオリアの待ち望んだ人類」と認められ、「もう一人の革新者」として最大級の賛辞を贈られることとなった。

関連機体

全てのガンダムの基本であり、5機のガンダムの手本となった機体である。

トールギス
同じ設計者により、ほぼ同じコンセプトの元開発された機体。
ウイングガンダム
本機のデチューン機と言える存在。
ガンダムデスサイズガンダムヘビーアームズガンダムサンドロックシェンロンガンダム
本機を元に開発された機体ら。それぞれコンセプトが大きく異なる。
ガンダムエピオン
ライバル機。ゼロシステムとほぼ同じ「システムエピオン」を搭載している。
ウイングガンダムゼロ (EW)
EW世界観における本機に位置する機体。漫画版『敗者たちの栄光』における本機の改修(完成)後の姿である。

スパロボシリーズでの関連機体

ダブルオーガンダム / ダブルオーライザー
第2次Zにおける事実上の兄弟機。元々ツインドライヴシステム搭載機にゼロシステムを組み込むという計画だったが、その危険性及びソレスタルビーイングの理念がコロニー解放という目的に相反するため、コロニーの五博士が計画から離脱した際に奪取。その後ゼロシステムはカトルによってウイングガンダムゼロに搭載され、ダブルオーライザーと共に自軍に参入することとなった。ウイングゼロがWゼロ=00、ダブルオーがOO(2つのオー)という言葉遊びがある。

その他の作品での関連機体

ウィンテッド
サンライズ英雄譚シリーズ』に登場したFT。本機によく似たデザインをしている。2丁のバスターライフルを装備する他、バードモードに変形しての「CSysファイアバード」という必殺技を持つ。

商品情報

資料リンク