アンビリカルケーブル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

アンビリカルケーブル(Umbilical Cable)とは、『新世紀エヴァンゲリオン』および『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版』に登場する用語。

概要

新世紀エヴァンゲリオン』に登場する、エヴァンゲリオンの主要供給電力源のケーブルを指す。第3新東京市にある電源ビルから伸びて、接続されたエヴァに電力を供給する。コネクタは背中。このケーブルが無い状態では内蔵電源に切り替わるが、最大5分(急激な運動を繰り返すと最低1分程度)しかもたない。運動性を妨げない為に自らパージする事が可能な他、戦略自衛隊等の「エヴァがケーブルによってエネルギーを供給している」事を知っている相手がケーブルを狙って攻撃し切断した事もある。

EVA初号機は第拾九話「男の戰い」において第14使徒ゼルエルを捕食する事でS2機関を取り入れ、ケーブルが不要となった。なお『第3次α』では全機にS2機関が搭載された為、ケーブルが存在しない。

SRWシリーズにおける扱い

SRWでは出撃時に自動的に母艦または第3新東京市にある電源供給ビルから伸びている。ユニットコマンドにより、母艦や各種建造物へアンビリカルケーブルを「接続」、または「切断」する。

F/F完結編』ではマップ上でケーブルが表示されるが、『α』以降は電源となる建物もしくは母艦との接続をメッセージで表示されている。

  • 接続時:毎ターン開始時にENが全回復する。ただし、接続した電源から10マス以内しか行動できない。母艦が電源の場合、母艦の方もエヴァから10マス以上はなれられない。
  • 切断時:自由に動き回れるが、毎ターンENが急激に減少していく。EN0になるとエヴァは撃墜(『L』のみ撤退)扱い。

接続箇所から10マス以上先に進めないその姿は、さながら犬の散歩に使うリードである。プレイヤーが切断コマンドで外す他、敵の攻撃がクリティカルヒットすると自動で外れる(A.T.フィールドで防いでもこの効果は発動する)。

MX』ではケーブルのパージがきっちりデモ一覧に登録される。また、建物内マップが存在する『MX』では、建物内ではケーブルによる移動制約を受けず毎ターンENが全回復する。

L』では切断状態になると運動性が若干上昇する。無論回避能力が低いEVAにとってはデメリットの方が圧倒的に多いのだが。また、マップ上でPUを再編成する際、編成した先のマスが接続箇所から10マス以上離れている場合は強制的にケーブルが外されてしまうので注意が必要。なお、合体攻撃「EVA一斉攻撃」は全機ケーブル接続状態でないと使用できない。

第3次Z時獄篇』『V』では、「毎ターンEN50回復」の特殊能力になっており、イベント時を除きケーブルの切断は存在せず常時接続状態となっている(実質的にS2機関との統合)。移動やチーム編成に制限はかからない。

主なユニット

EVA初号機
EVA弐号機
EVA零号機/EVA零号機改
EVA3号機

関連項目

EN回復

余談

  • アンビリカルケーブルのデザインは、庵野秀明氏が手掛けた『ふしぎの海のナディア』の登場人物ネオ・イコン・エピファネスの身体に繋がれている電力供給ケーブルを流用したものである。
  • 「アンビリカル」とは「へその緒」の意で、実は「アンビリカルケーブル」とは空気や電源を供給するホースやケーブルを表す一般名詞である。要するに「普通のケーブル」の事。