2016年1月30日(土)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ハロ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

ハロ(Hallo)[編集]

ガンダムシリーズ』全般を通して登場するAIモジュール。大きさはサッカーボールぐらいで、基本は緑色。ガンダムシリーズのマスコットキャラクターとしてアニメ以外でも様々な媒体に登場しており、ハロを模したグッズも実際に発売されている。

なお、本項ではスパロボに未参戦の作品のハロについての扱いは割愛する。

機動戦士ガンダム[編集]

機動戦士ガンダム』ではアムロ・レイが作成し、フラウ・ボゥにプレゼントしている。ホワイトベースでは、カツ、レツ、キッカの良い遊び相手になっていた。最初期はアムロが1から制作したとされていたが、後に「SUN社が制作した市販ロボットをアムロが大幅に改造したもの」と設定が変更された。

機動戦士Ζガンダム機動戦士ガンダムΖΖ[編集]

  • 声優:荘真由美(TV版)、新井里美(劇場版Ζ)

機動戦士Ζガンダム』の時代には、市販化され、一年戦争の英雄であるアムロやブライトの名がインプットされていた。初代と異なり手足はない。

カミーユが拾って修理したのもこのタイプ。ちなみに、ハロの修理作業に没頭してミーティングに遅れたカミーユはウォン・リー修正を受ける羽目に。アーガマでは、シンタとクムの遊び相手になっていた。

機動戦士ガンダムΖΖ』にも引き続き登場。

なお、市販するにあたっては「SUN社がアムロから逆ライセンスを得て最商品化された」と設定されている。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア[編集]

本作では“3代目”をアムロが作成し、ハサウェイにプレゼントしている。だが、ハサウェイがラー・カイラムから抜け出した後、ブリッジに取り残されてしまった。

機動戦士ガンダムUC[編集]

バナージが5歳のクリスマスに父親(ただし、送り主等は伏せている)から贈られた。作中には「1年経たずしてブームは過ぎ去り、製造元もアフターサービスを中止した」とあり、バナージは独自の改造を施して持ち歩いている。

バナージの年齢から逆算すると、このハロは上述のカミーユが修理した物と同タイプになる。

機動戦士Vガンダム[編集]

機動戦士Vガンダム』ではウッソのパートナーとして登場する。かなりの高性能で、モビルスーツに直結してビームライフルの照準をあわせるなど「戦闘に関係する機能」を備えている。また、記録した映像をバルーンに映し出す機能なども持つ。ちなみに、2代目同様の手足が無いタイプ。

機動戦士ガンダムSEED[編集]

機動戦士ガンダムSEED』では、アスランが大量に作り、ラクスにプレゼントしている。

∀ガンダムを模したと思われるヒゲ付きのハロ(ただし、ヒゲはペイント)や、ラクスのお気に入りの「ピンクちゃん」等が登場する。ピンクのハロは電子ロックの開錠機能が備わっていて、アークエンジェルでは軟禁中の部屋からラクスと共に無断外出していた事もあった。ちなみに、他のハロ達にも何らかの機能が備わっているらしい。なお、大きさは初代の4分の1程度(ソフトボールぐらいの大きさ)となっている。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY[編集]

  • 声優:折笠富美子(赤)、三石琴乃(ピンク)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY』では、ミーア・キャンベルが赤いハロを所持。こちらは英語をしゃべっていた。キラのものとおぼしきノートパソコンにもハロのスクリーンセーバーが使用されている。

また、ラクスのピンクハロも再登場。改良が加えられたらしく、特殊部隊の侵入の察知やラクスへの暗殺の察知、フリーダムの格納庫への扉を開ける為の鍵を持っているといった、以前より高度な機能が備わった。また、言語のレパートリーも若干だが増やされた。

機動戦士ガンダム00[編集]

  • 声優:小笠原亜里沙(オレンジ)、入野自由(紫)、高山みなみ(赤)、佐藤有世(青)

ソレスタルビーイングが所有するサポートメカ。情報収集やメカニック等の補助作業を担当している。機密保持のため人員が最小限に抑えられているソレスタルビーイング、特にチームプトレマイオスにとってはなくてはならない存在。また、これまでのハロと違い蓋を足としたものではない立派な足が付いているのも特徴。

劇中で最も有名なのはロックオン・ストラトスが所有するオレンジハロで、『機動戦士Vガンダム』のハロと同じような役割を果たしているが、狙撃中の機体自体の操縦、2ndシーズンでは加えてビット制御まで行う等その役割は明らかに補助ロボットの域を逸脱しており、ロックオンの相棒発言の通り、操手と射手のような関係となっている。

また、紫ハロ(HARO)のみ目付きが釣り目になっており、若干悪目な印象。また、劇中から80年前の世界から既に存在が確認されている。

2ndシーズンでは赤ハロが登場し、オーライザーに搭載されているサポートメカとしてオーライザーの操縦、ダブルオーガンダムとの合体、合体後のダブルオーライザーツインドライヴシステムの制御を担当した。また、戦闘に不慣れな沙慈を補助し、彼の相談相手の役割も果たしている。

劇場版では、ガンダムサバーニャ用に青ハロが増設された。オレンジハロと共に複雑になったサバーニャのシステムの処理を担当する。

また、劇場版においてダブルオーライザー 粒子貯蔵タンク装備型(のオーライザー)には引き続き赤ハロが搭載されているが、劇中でティエリアラファエルおよびセラヴィーII自爆させた際にダブルオーライザー 粒子貯蔵タンク装備型も爆発しているため、おそらく赤ハロもそれに巻き込まれたものと思われる。[1]

機動戦士ガンダムAGE[編集]

フリット・アスノが作成したAGEシステムのサポートロボット。PCモード機能を持ち、AGEシステムにデータの転送などを行うことが出来る。足はついておらず、跳ねたり転がったりで移動する。章をまたぐごとに所有者もフリットからアセム・アスノ→キオ・アスノへと代替わりしていった。

アセム編ではAGEシステムのサポートというよりは主にアセムのプライベートPCとして使われ、学生時代の写真を保存していた。アスノ邸のセキュリティシステムとも連動しているようで、いざというときはハロを介してトラップを発動していた。

キオ編ではPCとして使われることはほとんどなく、ペットロボットとしてキオに随伴していた。

面倒見がよく、イワーク・ブライアの娘・リリアやディーヴァに緊急乗艦したユウ・タク・ルッカといった子供たちからの人気は高かった。性格はロボットらしく無機質だが、ブルーレイ豪華版最終巻の特典イラストではキオ所有のエッチな本を顔を真っ赤にしながら読んでおり、感情回路が組み込まれている可能性も示唆されている(ただのギャグ描写かもしれないが)。

その他[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム』では、ベラ・ロナが飼っている同名のオウムが登場、ガンダムシリーズの名台詞を連発していた。つまり、何者か(おそらくはベラ)がガンダムシリーズの名台詞を教え込んでいたという事になる。

『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』ではフォントが製作したAIハロロが登場する。その姿は擬人化した美少女ハロである。

登場作品と役柄[編集]

基本的にシナリオに絡む事は少ないが、原作でマスコット以上の活躍を見せる場面があった『機動戦士ガンダムSEED』のシナリオが再現される場合などは、ちゃんとシナリオでも見せ場がある。シナリオにおける主な役割は、機械いじりが好きなキャラクターとアムロ or アスランを会話させる事にある。強化パーツとしてのハロはこちらを参照。

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
終了画面でお疲れと言ってくれるが、アル同様本編には出ない。しかし、人工知能のグラフィックがなぜかハロになっており、機械獣メカザウルスと戦うとしばしばお目にかかる。
スーパーロボット大戦EX
本編には出ないが、第3次同様、人工知能のグラフィックがハロになっている。また、スーパーファミコン専用マウスを使った場合、ハロを転がすお遊びが可能。
第4次スーパーロボット大戦
人工知能としては登場しなくなったが、精神コマンド脱力使用時のエフェクトとして登場。
第4次スーパーロボット大戦S
更に、メモリーカードのセーブデータブロックアイコンとしても登場。
スーパーロボット大戦コンプリートボックス
強化パーツとして初採用。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
強化パーツとして登場する他、本編にはウッソサブパイロットとしても登場する(ただし、声にエコーがかかっており、当時と雰囲気は異なる)。
非常に優秀な支援系の精神コマンドを持つが、SPが少ないのが難点。
スーパーロボット大戦α外伝
強化パーツとして登場する。αと同じく、本編にはウッソのサブパイロットとして登場する。なお、ハロの精神のために修理しても、経験値がもらえるのはウッソだけなので注意
第2次スーパーロボット大戦α
強化パーツとして登場する。
第3次スーパーロボット大戦α
強化パーツとして登場する。なお、このハロとは別に、ガンダムSEEDの『ピンクハロ』も登場する。こちらはハロを一回り落とした性能である。また、ラクスの顔グラフィックの1つにピンク色のハロを手にしたものがある。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
ガンダム00』設定で登場。久々にサブパイロットとして使えるようになった。オレンジハロ役の担当声優である小笠原亜里沙氏は、同じく演じるピーリスと共に声付きで登場し、この作品からスパロボ初参加となった
強化パーツとしても登場するが、ロックオンが離脱した際に、エースになっていると強化パーツのハロが手に入る。つまり、ロックオンが所持するオレンジハロは強化パーツになってしまったと言う事に…。
また、ネーナのHAROは敵サブパイロットとして登場(担当声優の入野自由氏は、この作品からスパロボ初参加)。
ちなみに、破界篇・再世篇ともに最初に手に入る強化パーツとしてのハロは、なぜかテロリストが持っており、ジェノサイドロンに積んでいる。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
ダブルオーライザー搭乗の赤ハロは掛け合い要員。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
『UC』版ハロと『00』版ハロが登場。
『UX』同様に青ハロが登場するが、第2次Zのハロの精神コマンドを半分に分けているためオレンジの方が構成上主に使われる。
ちなみに、今作で最初に手に入る強化パーツとしてのハロは第32話「忘却の霧の中」における、パラダイムシティに秘蔵されていたジェガンからである。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
今回は『UC』版は登場せず、『00』版のみ。ロックオンのエーストークでも登場。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
強化パーツとして登場する。本編にはウッソサブパイロットとして登場する。
今回はある場面で映像記録の能力が活用され、男性陣・女性陣それぞれの結束を深める結果となった。その一方で、男性陣と女性陣の間の溝も深まったが…。
スーパーロボット大戦W / スーパーロボット大戦K
ガンダムSEEDのピンクハロが強化パーツとして登場。
スーパーロボット大戦UX
劇場版00』設定で登場。原作に合わせて新たに青ハロがガンダムサバーニャのサブパイロットとなった。
スーパーロボット大戦BX
『00』版ハロ(オレンジ・青)と『UC』版ハロに加え『AGE』版ハロが初登場。ソレスタルビーイングのハロはUXと殆ど変わらないがデュナメスリペアがスポット参戦のみで、正式参戦時でサバーニャに乗り換えているため青ハロがサブパイロットになっている。バナージのハロはシナリオデモで登場。キオのハロはディーヴァ乗艦経緯が原作と異なるので留守番でもしてたのかシナリオデモで一切登場しなかったが、エンディングでようやく顔を見せた。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
「Vガンダム」版のハロがキャラクターデータに登録されているが、本編には出てこない。
スーパーロボット大戦Operation Extend
ハロとピンクハロの双方が強化パーツとして登場。後者は購入特典キャンペーンで配布の限定パーツ。

関連作品[編集]

ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス
ゼウスの総司令であるネットワークコンピューター「ハロ9000」が通信時にハロの姿で現れる。…当のハロ本人はなんとアムロの家の犬小屋にいる

パイロットステータスの傾向[編集]

現時点でサブパイロットとしての能力を有しているハロは『Vガンダム』モデルと『ガンダム00』モデルのみ。

精神コマンド[編集]

Vガンダム準拠[編集]

α
偵察ド根性激励幸運脱力再動
α外伝D
偵察ド根性加速幸運必中激励

ガンダム00準拠[編集]

第2次Z
偵察集中分析かく乱
UX(オレンジ)
偵察集中狙撃てかげんかく乱
UX(青)
加速信頼応援順応鉄壁
サバーニャに乗り換えた際に追加される
第3次Z(オレンジ)
集中分析
第3次Z(青)
偵察かく乱

名(迷)台詞[編集]

スパロボのゲーム内では、ハロのセリフは全てカタカナ表記。それがマスコットキャラとしての愛嬌を生んでいる。

機動戦士ガンダム[編集]

「アムロ、ゲンキカ? アムロ、ゲンキカ?」
アムロが所持するハロの元気付けのセリフ。
「アムロ、ノウハレベル、オチテル、レベル」
さりげない台詞だが、これは実際触れずとも人のバイオリズムを特定できるという超性能である。

機動戦士Vガンダム[編集]

「ウッソ、ガンバル! ガンバル!」
ウッソが左腕が感電して抜けない局面をハロは口で丸かじりして助け出すが、殉職…。しかし、勿論メカなので復活する。
ちなみに、上記の場面は『機動戦士Vガンダム』のキャラクターデザインを担当した故・逢坂浩司氏が「忘れられないシーン」として挙げている。
「ヤベーゼ、アニキ」
ウッソが敵艦潜入する際のセリフ。復活後は妙な言葉(江戸っ子の口調?)を覚えている。
なお、『D』では、男性陣による女性陣の映像鑑賞会が見つかった際にも発言している。それは確かに「ヤベーゼ、アニキ」。
「オー、ニアミスノ敵ダ!」
エンジェル・ハイロゥでの最終決戦時、カテジナと対峙して。

機動戦士ガンダムSEED[編集]

「テヤンディ、テヤンディ」
ピンクハロを象徴する台詞。
「オマエモナー」
ピンクハロが時折発する台詞。某ネット掲示板のアスキーアートで使われる台詞と同じことに驚いた視聴者多数。
「ミトメタクナーイ、ミトメタクナーイ」
さながらシャアのセリフ。

機動戦士ガンダム00[編集]

ここでは、ロックオン・ストラトスが所持するオレンジハロの台詞を取り上げる。

「ミンナ、ナカヨク! ナカヨク!」
「ワァー!」
1st第7話より。某所の浜辺で険悪な様子だった刹那ティエリアに対してこう呼び掛けるも、直後に寄せてきた波にさらわれてしまった。
「アイタカッタ! アイタカッタ! ニイサン! ニイサン!」
1st第17話より。紫ハロ(HARO)と再会して歓喜した様子を見せるオレンジハロ。しかし、当の「ニイサン」は弟の事を知らず、あっさりと払いのけてしまう。その後もオレンジハロは「ニイサン」の事を気にかけていた。
「ロックオン! ロックオン! ロックオン! ロックオン……!」
1st第23話より。大破したデュナメスプトレマイオスに帰還して、「全員無事だった」と喜ぶクルー達だったが、直後にデュナメスから届いた通信は、亡き主の名をひたすら呼び続けるオレンジハロの音声であった…。
ガンダムシリーズに登場する歴代ハロの台詞の中でも、格別に悲しみを感じさせる名台詞であろう。
「ロックオン、イキテタ! ロックオン、イキテタ!」
2nd第2話より。ライルと初対面した際の台詞。オレンジハロでも、ニール(兄、初代)とライル(弟、2代目)の区別は付かないらしい。
「ネライウツゼ! ネライウツゼ!」
2nd第3話より。ライルの初実戦時に「こういう時、兄さんならなんて言ってた?」と尋ねられて。
ライルとニールでは「狙い撃つぜ」の言い方に差異があるのは、これが理由の一つかもしれない(オレンジハロの発音では、細かなイントネーションまでは伝わらない為)。
「アアアアァァァ……」
2nd第9話より。プトレマイオス2大気圏を離脱する際の断末魔(?)。
この時、プトレマイオス2は上昇のためにほぼ垂直になっていたため、たまたま廊下にいたであろうオレンジハロはなす術もなく転がって行くのだった…。
「ワンセコンド、カノウ! ワンセコンド、カノウ!」
2nd第25話(最終話)より。敵機ガデッサの猛攻によって満身創痍となったケルディム。不利な状況を打開すべく、ライルはオレンジハロに「トランザムは(可能か)?」と尋ねる。そのオレンジハロからの回答がこれ。
そして、ライルはケルディムに接近して来たガデッサからの攻撃を「1秒だけのトランザム」で回避。ガデッサの後ろを取って、逆転勝利を収めるのであった。

機動戦士ガンダムAGE[編集]

「キオ、オツカレ! キオ、オツカレ!」
最終話。ウェンディと共に最後の戦いを見守り、見事ヴェイガンギア・シドを撃破したキオに対して。
歴代ハロと比較して出番はやや地味だったが、アスノ家三世代の戦いを50年もの間見守ってきたのは、他ならぬハロであった。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「ガォォォォォン!!」
正確にはハロの台詞ではなく、本来は機械獣メカザウルスの鳴き声である。
しかし、『第3次』、『EX』ではそれらに搭載されている人工知能の顔アイコンがハロだったため、こちらにも分類した。シュール…。
「泥棒ハ ヨクナイ!」
αDC)』第23話宇宙へ向かうルート「始動ダブルゼータ」より。ラビアンローズで知り合ったリィナから、シャングリラ・チルドレンの面々がMS強奪を画策している事を聞かされての一言。仰る通りです。

強化パーツとしてのハロ[編集]

強化パーツとして登場する事もあり、基本的にはこちらの出番が多い。強化パーツの性能としては、運動、命中、移動、射程など複数の要素を一度に強化する非常に強力なものであり、リアル系のエース機に装備させるか、真・ゲッター1マジンカイザーなどのある程度回避も出来る強力なスーパー系の能力の底上げなどに使うのが定石。機体の機動性を全般的にあげるイメージは『機動戦士Vガンダム』でのハロの活躍をモチーフにしていることが伺える。どのスパロボでも入手困難なレアパーツであり、主にハマーンなどのリアル系のボスクラスのパイロットを倒すと入手できる。彼女達が機体にハロを乗せている姿や、どうやってハロを入手したか等を想像するのは野暮というものである。

元々この複数の要素を一度に強化する効果を持ったパーツはファティマであったが、エルガイムの未参戦に伴いハロに置き換えられた。OGシリーズでは高性能電子頭脳に置き換えられ、宇宙世紀ガンダムシリーズが未参戦となったJ以降の任天堂携帯機作品でもOGシリーズから逆輸入する形で高性能電子頭脳になっている。

CB
移動力+2、運動性+15、限界反応+20
強化パーツとして初採用。
64
移動力+2、運動性+25、限界反応+40、マップ兵器及び射程1以外の武器の射程+1
効果が底上げされた他、武器の射程を延ばす効果が追加された。射程は任天堂携帯機には引き継がれるが、据置機での採用はしばらく先になる。
αCOMPACT2IMPACTCOMPACT3
移動力+2、運動性+20、限界反応+30
旧シリーズと効果は同様だが、効果が底上げされている。ちなみにこの値はFやCOMPACTのファティマと同じなので、そちらの代替という意味が強い。
α外伝
移動力+2、運動性+25、限界反応+35、全ての武器の命中率+25%
命中に運動性が反映されるという概念が廃止された為か、武器の命中率を上げる効果が新たに追加された。
A、AP
運動性+30、射程+2
武器の射程を+2するという珍しい効果がある反面、移動力に加えて、Aでは限界、APでは命中が伸びないという仕様になっている。
R / D / GC / XO
運動性+20、全ての武器の命中率+25%、マップ兵器及び射程1以外の武器の射程+2
α外伝と同じ理由で命中率を上げる効果を得たが、移動力が伸びないのはAと同じ。この仕様のままOGシリーズ及びJ・W・Kの(超)高性能電子頭脳に引き継がれる。
第2次α / MX / 第3次α
移動力+2、運動性+20(第3次αでは+25)、全ての武器の命中率+20%、マップ兵器及び射程1以外の武器の射程+1
武器の命中補正は下がってしまったが、据置機でも武器の射程を延ばす効果も追加され、ますます強力になった。また、移動力が上がるので、小隊の移動力を上げるのに役に立つ。
W / K
ピンクハロのみ登場。一マス移動するごとに資金+100。
Zシリーズ
移動力+2、運動性・照準値+25、マップ兵器及び射程1以外の武器の射程+1
全作品共通の効果。運動性、照準値はそれぞれ個別の強化パーツより効果が上でこれ以上の効果を持つのは『鋼の魂』のみ(『勇者の印』は同等の効果』)。
OE
ハロ
能力+100 HP+600 EN+120
5章クリア後に解禁。効果は非常に強力だが、それだけに必要素材が「ケロボール」「擬似太陽炉」「ゼロシステム」とそれぞれ金色レアパーツ揃いのため、トレードショップで手に入れるまでが大変険しい道程となっている。
ピンクハロ
獲得資金+10% パーツ獲得率+10% 命中+20 回避+20
7章購入者にのみ配布。入手していれば序盤からでも使用でき、資金&パーツ稼ぎのお供に活躍させられる。幸運強運とも効果は累積。

脚注[編集]

  1. ちなみに、この時の自爆でパイロットであるティエリアの肉体および赤ハロが喪われたが、ヴェーダと一体化していた彼にとって、肉体を喪失しても全く痛痒を感じていなかった。そのため、ファンからは「赤ハロは、劇場版におけるソレスタルビーイング側の唯一の戦死者である」と評されている。

余談[編集]

  • 機動戦士ガンダムUC』の原作者である福井晴敏氏は2002年に漫画雑誌『ガンダムエース』編集部から連載依頼があった際に、当初は『UC』ではなく、「ある商社マンがハロを商品化させようとアムロにコンタクトを取ろうとするコメディ作品」を書こうとしていた。しかし、関係者から「真面目にやってくれ」と一蹴されて没になった、という小話が『UC』Blu-ray Disc第1巻の小冊子にて語られている。
    • さらに余談だが、現在でのハロ誕生譚は『既に市販されていたものをアムロが改造し、その後『Ζ』の時代に開発会社がアムロに許可を取り再販したもの(漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』や『機動戦士ガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのメモリーより―』で触れられている)』となっている。福井氏がその事を知っていたのかどうかは不明。
  • 株式会社サンライズが版権を持つ作品のDVDおよびBlu-ray Discを再生した際に企業のロゴマーク「SUNRiSE」の映像が表示されるが、その時に画面手前から転がってきた黄緑色のハロが飛び跳ねて「i」の「・」の部分に変化するという演出がある。

商品情報[編集]